亡くなった愛犬が単独ライブに来てくれた?ハクション中西が衝撃映像を公開
番組をみる »

 12日深夜、『スピードワゴンの月曜The NIGHT』(ABEMA)が放送され、芸人のハクション中西が感涙もののオカルト映像を披露した。

 この日は「真夜中の怖い映像SP」と題して、ゲストに松原タニシ、ハニートラップ・梅木一仁、植松創、田中俊行を招き、得体の知れない「何か」が写ったり、不思議な音が聞こえる映像を次々と紹介していった。

 番組ではさらに、リモートゲストとしてハクション中西が登場。オカルトについては懐疑派だという中西だったが「自分の身に起こった映像が1個だけある」と告白。映像は単独ライブのときのもので「僕にとっては恐い映像ではない」と前置きした。

 当時非常にかわいがっていた愛犬が、原因不明ののたうちまわるような症状におそわれ、獣医のもとに連れて行ったものの下半身が壊死し「どうなるかわからない」と告げられたそう。

 そのまま愛犬を獣医に預け、翌日の単独ライブに挑んだ中西。不思議な現象が起きたのはライブのエンディングトークの場面で、番組ではそのときの映像を紹介した。

 中西が飼い犬の話をしたあとに告知をしていたところ、映像では会場中に響くような「ワン!」という犬の鳴き声のような音声が流れた。

▶映像:亡くなった愛犬が単独ライブに現れた?映りこんだ犬の鳴き声(1時間39分30秒頃~)

 映像のなかで中西はこの音に気付いておらず「現場ではこの『ワン』という音は誰も聞いてない」と証言。普段から自身が出演した作品の映像はチェックしていないという中西だったが、ライブDVDを購入した客から「犬の鳴き声が入っているの知っていますか?」と教えてもらい、気づいたことを明かした。

亡くなった愛犬が単独ライブに来てくれた?ハクション中西が衝撃映像を公開

 中西によると、ライブのために家を出た数分後には愛犬は亡くなっていたそう。小沢一敬が「ライブをきっと観に来てくれていたんだな」と発言すると、中西も「と、思う」と自身も同じ思いだと語った。

真夜中の怖い映像SP
真夜中の怖い映像SP
平安から令和まで、日本の怪談の歴史SP
平安から令和まで、日本の怪談の歴史SP
聞くだけで霊障が起こる…!? 日本各地の“最恐”怪談話6選
聞くだけで霊障が起こる…!? 日本各地の“最恐”怪談話6選
ABEMA TIMES