心霊スポットソムリエ、千葉の最怖スポットでの体験を明かす「両目が開かなくなって…」

 12日深夜、『スピードワゴンの月曜The NIGHT』(ABEMA)が放送され、心霊スポットをおよそ400か所訪れたという心霊スポットソムリエのハニートラップ・梅木一仁が身体に異常をきたすほどの心霊体験について語った。

 この日は「真夜中の怖い映像SP」と題して、ゲストに松原タニシ、梅木、植松創、田中俊行を招き、得体の知れない「何か」が写ったり、不思議な音が聞こえる映像を次々と紹介していった。

 小沢一敬が心霊スポットについて「すごくレベルが高いのも低いのもあるでしょ?」と問いかけると、梅木は「(レベルが高いものだと)途中で両目が開かなくなる場所もあった」と告白した。

▶映像:心霊スポットソムリエ、千葉の最怖スポットでの体験明かす(22分30秒頃~)

心霊スポットソムリエ、千葉の最怖スポットでの体験を明かす「両目が開かなくなって…」

 梅木は生配信をするために、千葉県成田市の近くのとある公園を訪れた際、明るい時間帯で人も多かったため「ここは大丈夫だな」と安心していたところ、視界にスーツの人影が入ってきたという。

 改めて確認したところその人物は消えており、同行していた霊能者に「いまの……?」と問いかけたところ「梅木さん、あれ見えましたか? あれが幽霊ですよ」とコメント。

 梅木が「顔が丸くて」と特徴を語ると、霊能力者は「顔が丸いというのは恰幅がいいとかじゃないんです。あれって首を吊っていた人なので、死ぬ瞬間にうっ血していたから顔がパンパンになってたんです」と説明を受けたのだとか。

 その後は両目が痛くなって開かなくなり、2時間の生配信のあいだ両目を押さえたままだったと振り返り、この話に戦慄した小沢は思わず「怖っ……」と漏らしていた。

真夜中の怖い映像SP
真夜中の怖い映像SP
ABEMA
平安から令和まで、日本の怪談の歴史SP
平安から令和まで、日本の怪談の歴史SP
ABEMA
聞くだけで霊障が起こる…!? 日本各地の“最恐”怪談話6選
聞くだけで霊障が起こる…!? 日本各地の“最恐”怪談話6選
ABEMA TIMES