『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』のABEMAプレミアム限定エピソード『ふたりだけの秘密 第七夜 ~恋人と過ごす初めての夜に~』が配信され、番組内で結ばれた女優の久保乃々花と俳優の京典和玖の本音トークに注目が集まった。

やすとのキスシーン、ぶっちゃけどうだった?ののか&わくが同棲ハウスで本音トーク『ドラ恋~KISS or kiss~』
番組をみる »

【動画】やすとのキスシーン、ぶっちゃけどうだった?ののか&わくが同棲ハウスで本音トーク

『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』とは?

 同番組は、毎回キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかける恋愛番組。

やすとのキスシーン、ぶっちゃけどうだった?ののか&わくが同棲ハウスで本音トーク『ドラ恋~KISS or kiss~』

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、飯野雅(以下:みやび/23歳)、樫尾篤紀(以下:あつき/24歳)、木田佳介(以下:ケイスケ/28歳)、京典和玖(以下:わく/20歳)、久保乃々花(以下:ののか/22歳)、谷本琳音(以下:りおん/23歳)、藤林泰也(以下:やす/22歳)、吉永アユリ(アユリ/23歳)の男女8人。

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。さらに前シーズンから引き続き、メンバーたちは一つ屋根の下で共同生活を送り、オーディション前夜には、選ばれた1組のペアだけが2人きりでひとつのベッドで一夜をともにする“同棲ハウス”に入居することとなる。

「俺もちょっと怖かった」わく、ののかとやすのドラマ撮影時の心境を振り返る

 最後の告白を終え、見事カップルとなったののか&わく。二人はその夜、同棲ハウスで過ごすことになった。

やすとのキスシーン、ぶっちゃけどうだった?ののか&わくが同棲ハウスで本音トーク『ドラ恋~KISS or kiss~』

 食事を終え、ひと段落するとののかは、「本当はもう1回二人で主演とりたかったね、と改めてドラ恋での生活を振り返る。そして、「最終話のときに、わくとやすの名前が呼ばれたときに、こういう運命なのかと思った」と最後のオーディションについての本音を語った。

 さらに、ののかは「最初はわくへの罪悪感があったんだけど、演技としてちゃんとやったのね。やすはやすでいっぱいいっぱいやってくれてたから、終わったあとに演技の中でのキュンだとしても、あれが現実なのかも分からない状態になったの」「役が抜けないことってあるのかなって思った。はじめて」と最後のドラマでやすとキスをしたときの想いを告白。

やすとのキスシーン、ぶっちゃけどうだった?ののか&わくが同棲ハウスで本音トーク『ドラ恋~KISS or kiss~』

 わくは、「俺もちょっと怖かったけどな」とののかとやすが主演を演じたことに不安があったことを明かしつつ、「オーディションが終わったあとがキツかったね」「現実をつきつけられた。もう二人で主演とることはできないし、もう終わったんだなみたいな」と二人での主演に強い思いを持っていたと語った。

 それに対し、ののかは「(最終回で告白用の)台本を最後に配られたじゃん。これでののかとわくはもう一回主演をとったことになったんだと思って、あとから嬉しかった」と言い、わくも「それを(告白前に)考えてたんだよ!」と同じ気持ちだったことを伝えた。

 真面目な本音トークのあと、二人はひとつのベッドへ。二人きりの夜に何が起こったのか?限定エピソード『ふたりだけの秘密 第七夜 ~恋人と過ごす初めての夜に~』は、ABEMAプレミアムにて配信中。

【動画】やすとのキスシーン、ぶっちゃけどうだった?ののか&わくが同棲ハウスで本音トーク
【動画】やすとのキスシーン、ぶっちゃけどうだった?ののか&わくが同棲ハウスで本音トーク
止まらない“好き同士のキス” わく&ののかカップル成立でラブラブ抱擁『ドラ恋~KISS or kiss~』最終回 【ABEMA TIMES】
止まらない“好き同士のキス” わく&ののかカップル成立でラブラブ抱擁『ドラ恋~KISS or kiss~』最終回 【ABEMA TIMES】
ABEMA TIMES