『今日好き』てるひさ(田倉暉久)&ゆう(千葉祐夕)カップルに直撃!付き合って知ったお互いの意外な一面とは?

 毎週月曜日よる10時から放送中のABEMA『今日、好きになりました。』(通称『今日好き』)。 6月14日(月)よりスタートした霞草編(かすみそうへん)で、見事カップルとなった田倉暉久(以下てるひさ)と千葉祐夕(以下ゆう)に話を聞いた。

 てるひさとゆうはお互い第一印象同士。初日にメンバー同士が教室で初対面を果たした際も、趣味の「サッカー」話で通じ合いお互い気になる存在に。その後の初2ショットでも互いに呼び捨てで呼び合う約束をしたり、2ショット写真を撮ったりなど、急接近する。しかしその後、てるひさはキサラ(松村キサラ)との早朝デートがきっかけで気持ちが揺れ始め、グループ別行動の際は女子の中からキサラを指名。ゆうも、たかや(鈴木崇矢)との間で一瞬迷いを見せるも、自身に芽生えた嫉妬心に気づき、てるひさへの想いを募らせていく。最終的にてるひさはキサラとゆう、どちらを選ぶかが注目されたが、てるひさはゆうの告白を受け入れ、めでたくカップルとなった。

▶動画:てるひさ「僕が付き合っていきたいのは、ゆう」最後の告白で成立!

 インタビュー中もハキハキと快活に話すゆうを、「うんうん」と嬉しそうに見つめるてるひさ。とにかく「一緒にいることが楽しくて仕方ない」と笑顔で声を合わせる2人に話をきいた。

半日会えないだけで気持ちに変化?「これが“今日好きか”って思いました(笑)」

『今日好き』てるひさ(田倉暉久)&ゆう(千葉祐夕)カップルに直撃!付き合って知ったお互いの意外な一面とは?

――改めてお互いの好きなところを教えてください。

ゆう: 笑顔で話してくれるところです!私がずっと笑っているタイプなんですが、てるは話してないときも微笑んでくれて(笑)。それを受け入れてくれるのがとても嬉しいなと思います。あと目を見て話してくれるところも好きです。

てるひさ: 僕もとにかく一緒にいるのが楽しくて、最初の2ショットのときも、僕は自分からたくさん話すタイプではないんですが、ゆうの方からたくさん話しかけてくれて、とにかく一緒にいて楽しくて、そこにとてもグッときました。

――てるひささんはかなりモテていたので不安では?

ゆう: そうなんです(苦笑)。最初は4人くらいに気に入られたよね。2日目、別行動になってしまったとき、キサラと一緒に仲良く2ショットから戻ってきたのを見て「わあ~こんなに近づいたのか~」って思いました(笑)

――そうですよね(笑)。半日離れるだけで…

ゆう: そうなんです! 今まで長い時間をかけて恋愛をしてきたので、2泊3日で恋愛をすることができない気がしていて、もちろんそれを楽しみに今回参加したんですが、いざとなると一日会えないだけでこんな気持ちが変わるのかなって思いました。

――これが『今日好き』か!と

ゆう: めっちゃなりました(笑)。 “わー『今日好き』だー”って。視聴者として番組を観ていると、なんでこんなに急に気持ちが変わったりするんだろうって思っていたんですけど、もうこの場に立つと仕方ないって思っちゃいます。たくさん感情が動くのは悪いことではないので、むしろそのなかで選んでくれたことが嬉しかったですね。

『今日好き』は見ているときと参加するでは大違い!てるひさ「2ショットに誘うタイミングとか本当にむずかしい!」

『今日好き』てるひさ(田倉暉久)&ゆう(千葉祐夕)カップルに直撃!付き合って知ったお互いの意外な一面とは?

――てるひささんの方は「今日好きか」って思った瞬間はありました? 

てるひさ: もう僕の場合は旅が始まったときからそう思っていました(笑)。自分はそんなに恋愛経験が豊富な方ではないので、自分の気持ちがわからなくなるときがたくさんあって…。必要以上に考えたりして、恋愛って難しいなって思いました。もう本当にずっと悩んでいて、寝るときも、相手に良いところを探すよりも、自分は今どういう気持ちなんだろう、と自分自身のことをずっと考えていましたね。

――2ショットすると相手の良いところが分かるので、その度に気持ちが揺れるから最終日とか悩み過ぎてパニックになりそうですよね…。

ゆう: 女子部屋、すごかったです(笑)。全員「どうしよう~」ってなっていました。冷静になれる時間もそこまでなくて、相談もしにくいときもあるし、とにかくみんながパニックでした。

てるひさ: 男子メンバーともたくさん話せてない時もあって、そういう時は本当にひとりでずっと考えていました。直前まで揺れ動いてしまって、はっきりしてないところが良くないとは思っていたんですけど、どうしてもわかんなくなってしまって。

――『今日好き』の気持ちがわかりましたね。

ゆう: めっちゃわかりましたね(笑)。視聴者のとき、「なんでこういう行動したの?」とか思っていたりもしましたが、もう全部わかりました。本当に。しちゃうよね。

てるひさ: しちゃう。しかも2ショットに誘うタイミングとか本当にむずかしい(笑)

ゆう: そうそう、みんなの前で誘うと空気を悪くしちゃうんじゃないかなと思ったりもして…、でも逆に誘わなかったら話す機会がないし、そういうときみるき(雨宮未苺)が結構突破口を開いてくれましたね。

「LINEで結構顔文字を使うタイプ」「眠い時がめちゃめちゃかわいい」付き合って知ったこと

『今日好き』てるひさ(田倉暉久)&ゆう(千葉祐夕)カップルに直撃!付き合って知ったお互いの意外な一面とは?

――お付き合いされて改めて気づいた一面は?

ゆう: てるは、LINEで結構顔文字を使うタイプなんです!その顔文字のなかにマンボウの顔文字があるんですけど、わけわからなくて(笑)。結構お気に入りらしくて、「ありがとう」の後にマンボウとか使っているんですけど、こっちからしたら「どういう感情?」みたいな(笑)。あれはどういう意味?シンプルにかわいいから使ってたの

てるひさ: そうそう(笑)。なんかマンボウってうったらその絵文字が出てきてそこから気に入って使ってる。

ゆう: 絶妙にキモかわなんです(笑)。あと一見静かで“塩”って感じなのに、ノリノリのラインがきたりとかもします。

てるひさ: 僕は、旅中だと楽しいってイメージが強かったんですけど、なんかこんな感じでハキハキ話すのに眠い時はすごいおっとりしてるんです。口数は多いけど何を話してるかわからない感じになってきて(笑)

ゆう: 眠いんだもん(笑)

てるひさ:そのおっとりした一面がかわいすぎて、ギャップ萌えです。昨日もそうなっていて、もうめっちゃめちゃかわいいんですよ(笑)

ゆう: ウフフ(笑)

――それでは最後にメッセージをお願いいたします!

ゆう: いつも応援ありがとうございます。最後まであたたかく見守ってくれて本当にありがとございました!私たちが選んだこの結果をこれからも応援してくれたら嬉しいです。

てる: 素晴らしいコメント! 僕は、2人の楽しそうなところをみんなにみてもらいたいです。一緒にいて本当に楽しいので、その楽しさが伝わって、みんなが応援してくれるカップルになりたいなって思います。

『今日好き』てるひさ(田倉暉久)&ゆう(千葉祐夕)カップルに直撃!付き合って知ったお互いの意外な一面とは?

取材・インタビュー:編集部

撮影:Mayuko Yamaguchi

てるひさ「僕が付き合っていきたいのは、ゆう」最後の告白で成立!
てるひさ「僕が付き合っていきたいのは、ゆう」最後の告白で成立!
ABEMA
ゆう&てるひさのデートに密着!
ゆう&てるひさのデートに密着!
ABEMA