20日(火)夜10時より、ABEMAオリジナルシリーズ新作ドキュメンタリー番組『普通の女子高生だったはずの私が 16才でママになって知ったことは、』Ep.1が配信。本作は16歳で結婚と出産を経験し、現在は17歳のママである現役女子高生・重川茉弥(以下、まや)の等身大な4つの素顔(=妻、母、社会人、そしてママの娘である女子高生)と、現在の夫婦の日常に密着した全5回のドキュメンタリー。Ep.1「15才。ママになることを決断したときのお話」では、まやが妊娠判明時の不安な心境を振り返るシーンがあった。

▶動画:「どうしたらいいかわからなかった」JKママ・重川茉弥(まや)、妊娠発覚時を振り返り

「どうしたらいいかわからなかった」JKママ・重川茉弥(まや)、妊娠発覚時を振り返り、それでも出産を決意した理由
番組をみる »

 15才で妊娠した時は圧倒的に不安の方が強かったという、まや。まやはドキュメンタリー内のインタビューで、「本当に困惑。どうしようって思った」と率直に語った。仕事や学校についても、「事務所をクビになるだろうな、学校も辞めさせられるだろうな、と思った」とのこと。特に辛かった時期は「友達とか親にちゃんと話す前の、一人ぼっちの、どうしていいかわからない状況の時」と明かし、「どうしていいかわからなくて、泣く」「ずっと病んでいた感じでした」と、不安定な日々を過ごしていたと打ち明けた。

「どうしたらいいかわからなかった」JKママ・重川茉弥(まや)、妊娠発覚時を振り返り、それでも出産を決意した理由

 そんな精神状態にもかかわらず、なぜ「産みたい」と思えたのか。その一番大きな決め手は、子育てをしながら学校に通う友人の姿だったそう。まやは「ちゃんと自分で働いて、育てて、しっかりしている友達がいたこと。同年代なのに」と考え、「絶対にできないことではないと思えたし、自分もそうじゃなきゃあかんって思えた。絶対産みたい…って気持ちになった」と前を向いた。

 当時、俊はまだ“彼氏”。まやは「どういう反応をされても覚悟はしていた。どうなってもいいやと思って、俊くんに言った」と、電話やLINEではなく直接会って報告したという。まやは「今までの優しい俊くんが一気に豹変して、捨てられたらどうしようって思っていた」と、俊の心変わりを恐れていたと語った。

「どうしたらいいかわからなかった」JKママ・重川茉弥(まや)、妊娠発覚時を振り返り、それでも出産を決意した理由

 そうした不安を乗り越え、「産む」と決めたまや。今ではカメラ越しに幸せそうな姿を見せても、若くして妊娠、出産するまで、並々ならぬ大変さや苦労があったことを赤裸々に語っていた。

どうしたらいいかわからなかった」JKママ・重川茉弥(まや)、妊娠発覚時を振り返り
どうしたらいいかわからなかった」JKママ・重川茉弥(まや)、妊娠発覚時を振り返り