20日(火)夜10時より、ABEMAオリジナルシリーズ新作ドキュメンタリー番組『普通の女子高生だったはずの私が 16才でママになって知ったことは、』Ep.1が配信。本作は、16歳で結婚と出産を経験し、現在は17歳のママである現役女子高生・重川茉弥(以下、まや)の現在は17歳のママである現役女子高生・重川茉弥(以下、まや)の等身大な4つの素顔(=妻、母、社会人、そしてママの娘である女子高生)と、日常に密着した全5回のドキュメンタリー。Ep.1「15才。ママになることを決断したときのお話」では、当時まやの“彼氏”だった俊が、15才のまやから妊娠を告げられた時の心境を振り返るシーンがあった。

▶動画:重川茉弥(まや)の夫・しゅん、妊娠報告を受けた日の決意を告白

16歳のママ・重川茉弥(まや)の夫・しゅん、「俺が絶対、まやを支えていく」当時の決意を明かす
番組をみる »

 過去を振り返る中で、俊は妊娠報告を受けた時、率直に「不安だった」と告白。「女の人の身体にはずっと残るもの。そういうのも、一人で背負わせたくなかった」「俺が不安になっていたら、まやがもっと不安になるんじゃないか。まやが一番辛い」と、何よりもまやの不安に寄り添い覚悟を決めたと語った。

16歳のママ・重川茉弥(まや)の夫・しゅん、「俺が絶対、まやを支えていく」当時の決意を明かす

 その時はシンプルに「俺が絶対、まやを支えていく。それが最低限の責任」と考えたとのこと。インタビューに答える中で、夫として、父親としての顔を時折のぞかせながら、「まやが決めた道を全力でサポートして、守っていく」と語り、決意を新たにしていた。

重川茉弥(まや)の夫・しゅん、妊娠報告を受けた日の決意を告白
重川茉弥(まや)の夫・しゅん、妊娠報告を受けた日の決意を告白