20日(火)夜10時より、ABEMAオリジナルシリーズ新作ドキュメンタリー番組『普通の女子高生だったはずの私が 16才でママになって知ったことは、』Ep.1が配信。本作は、16歳で結婚と出産を経験し、現在は17歳のママである現役女子高生・重川茉弥(以下、まや)の等身大な4つの素顔(=妻、母、社会人、そしてママの娘である女子高生)と、現在の夫婦の日常に密着した全5回のドキュメンタリー。Ep.1「15才。ママになることを決断したときのお話」では、まやがSNSで受けてきた「まだ自分も子どもなのに、子どもなんて育てられるの?」という声を番組内で改めて質問され、母になり感じることを告白した。

▶動画:「自分も子どもなのに子どもを育てられるの?」JKママ・重川茉弥夫婦が出した答え

「自分も子どもなのに子どもを育てられるの?」JKママ・重川茉弥夫婦が出した答え

 まやが暮らす自宅や育児、家事、仕事風景に密着する中で、まやの自宅での撮影中、カメラは2人の赤ちゃんの記念すべき初ハイハイ姿をキャッチ。まやと俊が「え!え!?ハイハイしてる!」「毎回お尻が落ちてたのに!」と大興奮する微笑ましいシーンに立ち会った。

 子どもの成長に寄り添いながら、幸せな日々を過ごす、まやと俊。だが、まやの元には「まだ自分も子どもなのに、子どもなんて育てられるの?」という声も届いたという。15才で妊娠し、16才でママに。まやは「自分が一番、そのことに関して不安だった」と疑問の声を理解しつつ、「今思うのは、本当に年齢なんて関係ないということ」「誰でも育児ができるってわけじゃないけど、いっぱい調べて勉強したり、周りの人に助けてもらったり、親に教えてもらったり。一緒に学んでいけばいい」とキッパリ言い切った。

「自分も子どもなのに子どもを育てられるの?」JKママ・重川茉弥夫婦が出した答え
「自分も子どもなのに子どもを育てられるの?」JKママ・重川茉弥夫婦が出した答え

 まやはさらに、「お母さんになった人は、そういう覚悟を決めていると思う。そういう強い気持ちがあるなら、色んな困難があっても育てて行けると思う」と、自身の中にもそうした覚悟がある様子をのぞかせた。

「自分も子どもなのに子どもを育てられるの?」JKママ・重川茉弥夫婦が出した答え
「自分も子どもなのに子どもを育てられるの?」JKママ・重川茉弥夫婦が出した答え
ABEMA