俳優の林遣都が22日、都内で行われた映画『犬部!』の公開初日舞台挨拶に中川大志大原櫻子浅香航大、篠原哲雄監督、バンドNovelbrightの竹中雄大らと参加した。

 獣医学部に実在したサークル「犬部」をモデルに描いた青春“犬ラブ”ムービー。東京五輪開催にちなんで、林は劇中で名演技を披露した保護犬ちえに「あなたは本当にこの映画の主役です!ありがとう!」と金メダルを授与した。するとちえは大喜びで林の顔面をベロベロと舐める熱烈キスの返礼。林は「ずっと一緒に頑張ってくれた」と笑顔で受け止めていた。

 昨年夏に青森で行われた撮影を振り返り、林は「毎日が楽しかった。久々に青春を味わった。みんなのことも大好きだし、ワンちゃんたちにも囲まれて…。もう一回やりたい!」と早くも続編に期待。中川は倒れた際に犬たちに囲まれるシーンに触れて「真冬の設定だったので、暑い中でダウンを着て倒れました。そんな僕を犬たちが囲む。四方八方を犬に囲まれ、犬の体温を全身で感じて。犬好きにはたまらない経験。すごく温かかった」とレア体験を報告した。

 大原は人が苦手な犬・ニコとのシーンを回想し「撮影前に遣都さんがニコを散歩させたり、会話していたりして、ニコは遣都さんには心を許していた。遣都さんの犬との距離の詰め方に感動しました」と犬に優しい林の姿に感銘。それに林は「心掛けたのは会話。人と話す感覚と同じで『あれなんだろうね?』とか『青森いいところだね』とかコソコソと会話していました」と犬との交流法を明かした。

 浅香は「動物たち同様に、僕ら人間も頑張りました。撮影中はアドリブを散りばめたりして、それでサークル内の関係性を作りました。特に遣都君がアドリブを振ってくれたりして。僕は常にいじられるポジションでしたが」と苦笑い。それに林は「航大とは昔から仲が良くて、信頼している俳優仲間でもあります。そんな彼とアドリブを通したやり取りができたことで全体の雰囲気も良くなった」と感謝も、車体を蹴るなどのアドリブシーンを申し訳なく思ったのか「今日カッコいいね!」と浅香に対する謎のフォローで笑わせた。

取材・文・写真:石井隼人

チェリーボーイズ (映画) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
チェリーボーイズ (映画) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
おっさんずラブ (ドラマ) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
おっさんずラブ (ドラマ) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA