映画『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』の初日舞台挨拶が22日都内で行われ、仮面ライダーセイバー/神山飛羽真役の内藤秀一郎(25)、ゼンカイザー/五色田介人役の駒木根葵汰(21)らが出席した。

【映像】映画『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』予告映像

 同映画は、「仮面ライダーシリーズ」生誕50周年と「スーパー戦隊シリーズ」45周年を記念したWアニバーサリー作品。「仮面ライダーセイバー」と「機界戦隊ゼンカイジャー」が、作品の垣根を越えてともに悪と闘う姿が描かれている。

 駒木根「僕らはまだ半分くらいしか(ゼンカイジャーの)撮影が終わっていないんですけれど、歴代のヒーローの方たちに支えてもらいながら胸を借りるつもりで全力全開で挑ませてもらったので、想いは詰まっています」

 内藤「今回ダブルアニバーサリーということで、50年分のライダーと45作品分のスーパー戦隊。僕たちがそのトップに立つという気持ちだけは絶対に忘れないように、撮影に挑ませていただきました」

 俳優の鈴木福(17)が物語のカギを握る“謎の少年役”としてゲスト出演することが発表されており、公開初日に意外な役どころが明らかになった。

 鈴木「改めまして、(仮面ライダー・秘密戦隊ゴレンジャー原作者)石ノ森章太郎役をやらせていただきました鈴木福です。撮影前に石ノ森先生のお墓にご挨拶に行ったりとか、自分自身、精一杯の準備をして望めた作品だったので、たくさんの人に石ノ森先生の素晴らしさというのを気付いてもらえたらなと思います」(『ABEMA NEWS』より)

ライダー×スーパー戦隊 夢の共演
ABEMA
内藤秀一郎出演『計算くんで何が悪いの?』前編
ABEMA
内藤秀一郎出演『真夏のオオカミくんには騙されない』
ABEMA