27日(火)夜10時より、ABEMAオリジナルシリーズ新作ドキュメンタリー番組『普通の女子高生だったはずの私が 16才でママになって知ったことは、』Ep.2が配信。本作は、16歳で結婚と出産を経験し、現在は17歳のママである現役女子高生・重川茉弥(以下、まや)の等身大な4つの素顔(=妻、母、社会人、そしてママの娘である女子高生)と、現在の夫婦の日常に密着した全5回のドキュメンタリー。Ep.2「側にいる人から見たあの日のこと、あのときの私、今の私」では、まやの母がまやから妊娠を打ち明けられた時の本音や、母娘の絆の強さを赤裸々に告白。さらに、まやの夫・俊に対して思うことを明かした。

▶動画:JKママ・重川茉弥(まや)の母が語る娘の妊娠と出産

JKママ・重川茉弥(まや)の母が語る娘の妊娠と出産、夫・俊への想いも
番組をみる »

 まやの母がまやの妊娠を知ったのは、新大阪駅に迎えに行った車中。「まやちゃんから『話がある』と言われて、重たい空気になりました。『妊娠したん?』ってすぐに分かりました。『16才か。せめてあと2年……』と思いましたね」と、その時の複雑な気持ちを振り返った。

 まやの母は「世間体的には、あんまり良いイメージがない。できちゃった結婚で、学生で。『結局親に頼ってんやろ?』という言葉がすごい多かったですね」と世間の反応を明かした上で、「実際に、普通の高校生だったらもっと厳しい」と、高校生の妊娠・出産を心配した。

JKママ・重川茉弥(まや)の母が語る娘の妊娠と出産、夫・俊への想いも

 それでも背中を押せたのは、まやには頼れる俊が居て、本人にも仕事があったからと語る。「本当に恵まれている。俊くんがいて、お仕事があって、すでに自分で生きていけるくらいの余裕があった。親が援助しなアカンということがなく、自分たちでしっかり生活できた」と、あくまでレアなケースと強調し、「だからこそ背中を押せた。まやちゃんが(妊娠・出産を)しているから大丈夫!とは思ってもらいたくないです」と、10代で妊娠・出産する大変さを案じた。

 まやが出産を迎えた時、まやの母はコロナの影響で病院に入れず、悔しい思いをしたそう。「(まや自身が)まだ子どもなのに、なんで立ち合われへんのやろって」。まやの出産に立ち合った俊からは、出産直後のまやと赤ちゃんの写真が送られてきたといい、「写真見たら『ママの顔になってる』って思った」と感動を振り返った。

JKママ・重川茉弥(まや)の母が語る娘の妊娠と出産、夫・俊への想いも

 実は、まやは出産直後、俊に頼んですぐに母に写真を送っていた。「出産した直後、一番に、『ママってすごい人やな』って尊敬した。産んだ後、『俊くん、撮って!』って、すぐに送りました」「ママのすごさとありがたさを色々感じたよ」「ありがとうね」と感謝のメッセージ。まやの母はそのメッセージを見て、「アカン、泣いてまうやん!って思いました」と感動を振り返った。

 まやの母にとって、俊は“天然記念物級”の良き夫だそう。「まやの足りてないところを俊くんが補っている。天然記念物というか、それくらい珍しい。なんでこんなにしっかりしてるんやろう?10代で、しかも男の子で。大人でもなかなかいないと思う」と俊をベタ褒め。最後は、「私が結婚したいくらい(笑)」と冗談を入れるほどに、俊の凄さを熱弁していた。

JKママ・重川茉弥(まや)の母が語る娘の妊娠と出産
JKママ・重川茉弥(まや)の母が語る娘の妊娠と出産