毎週日曜日よる9時~放送中の、ダンス&ボーカルグループGENERATIONS from EXILE TRIBEの青春応援バラエティ番組ABEMA『GENERATIONS高校TV』。1日放送回は、高校生に大人気の5人組YouTuberグループ「コムドット」編第2弾!白熱のドロケイ対決後半戦で、負けたら勝ったチームのお願い事を何でも聞かなくてはいけないというルールのもと、12人が白熱の戦いを繰り広げた。

▶動画:数原龍友「最近の子に足りないところはそこ!」コムドットに説教

 「コムドット」は、中学の同級生が集い、2018年10月1日に結成したYouTuberグループ。スローガンは"地元ノリを全国ノリに” "放課後の延長”で、今年2月にチャンネル登録者数100万人を記録した後、6月には200万人を突破するなど、大ブレイク中だ。前半戦では、人数のバランスをとるためコムドットチームには裕太が助っ人として参加したものの、勝利はGENERATIONSチーム。後半戦では龍友がコムドットチームに加わることになった。

 地下1階から4階までの建物で制限時間は30分。“牢屋”に入れられても、仲間がタッチすれば解放されるというルールで、全員が捕まるまでの時間が長かったチームが勝ちとなる。前半戦は負けたとあって、後半戦で巻き返したいコムドットチームだが、10分15秒であっさり全員確保…。この結果に敗因を聞かれたコムドットは「完全に数原くん」とバッサリ。龍友は「いやいやいや…足引っ張り過ぎやわ!真面目にやってもらわないと!」とコムドットに説教、「最近の子に足りないとこそこやで!」と先輩風を吹かせ、笑いを誘っていた。

 続いてGENEが“泥棒”側になり、メンディーがソファの裏、裕太がロッカー、隼がトイレなど、思い思いの場所に隠れる傍ら、玲於は4階の風呂場に潜伏。しかも大胆に服を脱ぎ、シャワーを手に呑気に“ひとっ風呂”をしようとしていたところへ、風呂場の前までやって来たゆうまが「浴槽にいそうですね」と言いながら扉をガラッ!

 扉をあけたとたん、響き渡る水の音に、ゆうまが「えっ!」と思わずひるむなか、玲於は「何してんの?ちょっと~、なんだよ!」と、“邪魔するな”と言わんばかりのブーイング!シャワーの水でゆうまを威嚇するが、抵抗むなしく確保された。

 「いやあ悔しい!!」と地団駄を踏む玲於は、「お湯出るかなと思って。ガチでシャワー浴びてたら面白いかなと思ったんですけど、水しか出ない……」と、半裸姿でボヤき気味。「まだちょっと寒いわ!」と苦笑いだった。

 来週は、サイコパス診断科! 手相でおなじみの芸人・島田秀平を講師に迎え、GENEのなかで誰がいちばんサイコパスなのかが明らかに。次回『GENERATIONS高校TV』は、8月8日よる9時~放送。

数原龍友「最近の子に足りないところはそこ!」コムドットに説教
ABEMA