水族館にある“3色のメダル”? 金・銀・銅の「オニオコゼ」が話題 東京・池袋

 日本勢のメダルラッシュに沸いている東京オリンピック。都内の水族館では、3色のメダルを連想させる“ある生き物”が話題を集めている。

【映像】君たち泳いでないよね? 3匹の“仲良し”オニオコゼたち

 東京・池袋にあるサンシャイン水族館では、3匹の「オニオコゼ」を1日から展示。このオニオコゼは今年3月末で営業休止した志摩マリンランドから譲り受けた3匹だ。3匹をよく見てみると、体色が連日オリンピックで目にしているメダルの色(金・銀・銅)に見えると話題に。

 海底に生息し、通常はほどんど泳がず、じっとしているオニオコゼ。体の色を海底の砂や岩に似せて擬態している。いろいろなカラーバリエーションがある魚だが、明るい金色のような体色は珍しいという。3色のオニオコゼは今月31日まで展示される予定。(『ABEMA Morning』より)

【映像】表彰台を独占や! 金・銀・銅の「オニオコゼ」が話題
【映像】表彰台を独占や! 金・銀・銅の「オニオコゼ」が話題
ABEMA
【映像】サーモン? エビ? まだ名もない激レア生物!
【映像】サーモン? エビ? まだ名もない激レア生物!
ABEMA
【映像】僕たち特訓中でちゅ!3匹の子ブタ
【映像】僕たち特訓中でちゅ!3匹の子ブタ
ABEMA