百貨店で販売される合法な製品も!大麻の最新事情を医師が解説
番組をみる »

 9日深夜、『スピードワゴンの月曜The NIGHT』(ABEMA)が放送され、最新の大麻を使用した商品事情が明らかになった。

 この日は「薬物を正しく学ぼうSP」と題して、大麻に関する医学情報に詳しい内科医の正高佑志氏と、過去に多くの種類の違法薬物を使用した経験を持つ作家の石丸元章氏をゲストに招いてトークを展開。小沢一敬が体調不良で欠席したため、ピンチヒッターをぱいぱいでか美が務めた。

▶見逃し配信中:大麻を使った合法の商品も紹介「薬物を正しく学ぼうSP」

百貨店で販売される合法な製品も!大麻の最新事情を医師が解説

 番組では世界で合法化している国や地域もある大麻の最新事情について紹介。正高氏は日本で大麻取締法ができたのは1948年、終戦後にGHQによって禁止された歴史画あると解説した。

 また、大麻の成分については精神活性作用や「ハイ」にする作用を持ったTHC(テトラヒドロカンナビノール)は違法だが、非精神活用作用やリラックス作用を持つCBD(カンナビジオール)は合法で、ここ10年で世界中でサプリメントや雑貨として広く使われ、日本でも流通しているという。

百貨店で販売される合法な製品も!大麻の最新事情を医師が解説

 スタジオでは実際にCBDが使用されている商品の数々が登場。でか美がCBDを配合したクリームの匂いをかぐと「普通にハーブ系の匂い、シャンプーで嗅ぐような」とコメントした。

 ほかにもCBDオイルやハンドクリームといったものに加えて、電子タバコもあるそうで、電子タバコについては百貨店でも販売されていると正高氏が解説して井戸田潤を驚かせた。

 個人差はあるが不安を押さえたり不眠対策に効果があるというCBD商品だが、正高氏は「アスリートは利用注意」だと、現在はトーピング検査に引っ掛かる可能性があることを指摘。「ドーピング検査に大麻を含めるのか」という議論も巻き起こっていることを明かした。

「薬物を正しく学ぼうSP」
「薬物を正しく学ぼうSP」
"大麻使用罪"賛成派と反対派の意見を聞く
"大麻使用罪"賛成派と反対派の意見を聞く
ラファエル登場で驚愕ドッキリ連発!
ラファエル登場で驚愕ドッキリ連発!