夫・野村周平から「今から後輩連れてくる」突然の電話!苦手な料理にチャレンジ中のさとうほなみは動揺…『私たち結婚しました』第6話
番組をみる »

 8月13日(金)夜11時より、ABEMAのオリジナル恋愛番組『私たち結婚しました』#6が放送。番組内で結婚生活を送ることになったさとうほなみが、夫・野村周平が仕事へ行っている間に、苦手な料理に挑戦。すると料理中、野村から電話がかかってきて、想定していなかった事態を迎えることになった。

▶動画:夫・野村周平から突然の電話「今から後輩連れてくる」料理中のさとうほなみは動揺

『私たち結婚しました』とは

夫・野村周平から「今から後輩連れてくる」突然の電話!苦手な料理にチャレンジ中のさとうほなみは動揺…『私たち結婚しました』第6話

 『私たち結婚しました』は、韓国で2008年から約9年間レギュラー放送された大ヒット番組を、日本版にリメイクした結婚モキュメンタリー番組。野村周平とさとうほなみ、白洲迅堀田茜、芸能人ペア2組の“結婚生活”に密着し、“理想の夫婦関係”を追い求めていく様子を映し出していく。スタジオでは千鳥ノブ三浦翔平河北麻友子がMCを務める。

突然、野村周平の後輩が新居に来ることに…

 野村は仕事、さとうは休日だったある日のこと。結婚初日に「料理をしない」と宣言していたさとうが、新居のキッチンに立っていた。この日の夕飯はカレー。使用する肉は、失敗しにくそうなイメージから、鶏肉を選んだ。しかしさとうは「肉って切るのこんなに重労働なの?」と、なかなか切れない鶏肉の皮に悪戦苦闘。その後も、鶏肉のトレーに敷いてあったシートを誤って鍋に入れてしまうなど、あたふたするシーンがありながらも、最終的にはおいしそうなカレーが完成した。

夫・野村周平から「今から後輩連れてくる」突然の電話!苦手な料理にチャレンジ中のさとうほなみは動揺…『私たち結婚しました』第6話

 最後に一味唐辛子で辛さを調整し、うずらの卵を入れようとしていた時、スマートフォンが鳴った。電話の相手は野村だった。「今ね、帰るんだけど、後輩が家に来そうな感じなんですわ。来たいって言うから連れてっていい?」と聞く野村に、さとうは「今日?」と聞き返した。野村からの返事は「なう」。どうやら今からすぐ来るらしい。さとうは思わず「なう!?」と声をうわずらせた。

夫・野村周平から「今から後輩連れてくる」突然の電話!苦手な料理にチャレンジ中のさとうほなみは動揺…『私たち結婚しました』第6話

「キュンとした?」微笑ましい会話に三浦翔平「仲良しか!」

 そして、さとうが夕食を作っている最中だったと明かすと、野村は「え?ごはん作ってるの?ごはん作らないって言ってたじゃん」と驚いた様子。さとうは「時間あったから頑張ってみようかなと思って」と得意げに言い、「キュンとした?」と尋ねた。野村が「ちょっとね」と答えると、さとうは嬉しそうに笑い、そんな2人のやり取りにスタジオの三浦は「仲良しか!」とツッコんでいた。

夫・野村周平から「今から後輩連れてくる」突然の電話!苦手な料理にチャレンジ中のさとうほなみは動揺…『私たち結婚しました』第6話

 次回、野村はさとうのライブを鑑賞。すると帰宅後、さとうが突然涙する展開に…。白洲&堀田ペアは夫婦としての壁に突き当たる。「どうしたらもっと夫婦感を出せるのか、感じられるのか」。そう問いかけた夫に妻は?『私たち結婚しました』#7は、8月20日(金)夜11時~放送。

夫・野村周平から突然の電話「今から後輩連れてくる」料理中のさとうほなみは動揺
夫・野村周平から突然の電話「今から後輩連れてくる」料理中のさとうほなみは動揺