芦田愛菜『岬のマヨイガ』インタビュー 意識したのは「息の芝居」

 児童文学作家の柏葉幸子氏による小説『岬のマヨイガ』のアニメ映画が8月27日(金)より公開される。東北の民話を交えながら、居場所を失った 17歳の少女・ユイが古民家“マヨイガ”にたどり着き、血のつながらない新しい家族と共同生活を送る姿が描かれる同作品。主人公・ユイの声を担当するのは、ユイと同じ17歳になった女優の芦田愛菜。過去につらい思いをしたユイの心が再生していく姿をどう演じたのか、インタビューした。

「どこかでユイの優しさがにじみ出るような演技をしたい」

芦田愛菜『岬のマヨイガ』インタビュー 意識したのは「息の芝居」

――本日はよろしくお願いいたします。映画を拝見してほっこりした暖かい気持ちになりました。芦田さんは、最初台本を読んだとき、どんな感想を持ちましたか。

芦田愛菜(以下、芦田):
題名にある「マヨイガ」は岩手県の伝承で、訪れた人をもてなしてくれる不思議な家です。出会える人だけが出会える家ですが、近くには必ずあるけど、気づいていない小さな幸せとリンクするような気がしました。本当はみんなの周りにもマヨイガのような存在があるんだよという素敵なメッセージだな、勇気をもらえる話だなと思いました。

――ユイについてはどんな印象を持って、どんなふうに演じられましたか。

芦田:
ユイは、過去につらい経験、悲しい思いをした少女。そのせいで殻に閉じこもってしまい、一見そっけない、不愛想な感じに見える子です。でも本当はそうじゃなくて根は優しくて思いやりのある女の子だという印象を受けました。だから、ただぶっきらぼうにならないように、どこかでユイの優しさがにじみ出るような演技をしたいなと思いました。

――ユイの心情を演じるためにどんな役作りをされましたか。

芦田:
まずは何回も台本を読んで、映像を何回も見て、何度も声をあてました。ぶっきらぼうにならないように優しさをにじませるのは難しくて、最後まで悩みながら現場にいました。ユイは、ひよりと出会って、ホットケーキを焼いてあげたり、メモ帳を渡したりする優しい部分があるんですよ。でも、その優しさに自分が戸惑ってしまうような不器用な子。そういう気持ちは私にもわかります。自分との共通点も見つけながら、演じていくうちになんとなくユイの気持ちに寄り添えたような気はしました。

『岬のマヨイガ』で意識した“息の芝居”

芦田愛菜『岬のマヨイガ』インタビュー 意識したのは「息の芝居」

――芦田さんは小さいころからたくさんの作品に出演されていますが、とくに声優の難しさ、面白さはどんな部分でしょうか。

芦田:声だけに気持ちを乗せてキャラクターに命を吹き込むのは難しいところでもあり、楽しいところでもあります。今回の場合は言葉で表現するよりは、息のお芝居が多くてとても大変でした。強いのか弱いのか、長いのか短いのか、微妙な違いで表現できるものが変わってきます。雑巾がけをするシーンとか、寝転がって起き上がるシーンとかは、監督から「一回やって見たら」と言われて、実際に動作をしてみました。起き上がるとどんな声がでるのか、息の仕方がどう変わるのか、今まで無意識だったことなので新しい発見になってとても楽しかったです。

芦田愛菜『岬のマヨイガ』インタビュー 意識したのは「息の芝居」

――「マヨイガ」は迷い込んだ人をおもてなししてくれる家ですが、芦田さんはどんなおもてなしを受けてみたいですか。

芦田:ユイたちが暮らしたような家に住んで、自分で取ってきた草をてんぷらにしてご飯を食べたりするのは楽しそうだなって思いました。そういうおもてなしをしてみたいし、されてみたいですね。

――最後に映画館に足を運ぶみなさんにメッセージをお願いします。

芦田:キワさんとひよりとは血のつながりはないけど、二人の暖かさに触れて、ユイが前向きに生きていく姿に心を打たれました。ありのままの自分を受け止めて認めてくれて、包み込んでくれる存在がいるだけで、こんなにも心地がよくて、優しい気持ちになれるんだって。そんなユイの姿にみんなも共感してもらえたらうれしいです。

――ありがとうございます! 公開を楽しみにしています。

芦田愛菜『岬のマヨイガ』インタビュー 意識したのは「息の芝居」

取材・文:氏家裕子

写真:You Ishii

『岬のマヨイガ』8月27日(金)全国ロードショー

配給:アニプレックス

(c)柏葉幸子・講談社/2021「岬のマヨイガ」製作委員会

サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん (バラエティ) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん (バラエティ) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
ABEMA