『孤狼の血』原作小説誕生秘話に、シリーズの今後は?監督・白石和彌&原作者・柚月裕子がぶっちゃけトーク

 映画『孤狼の血』(2018)の衝撃から3年、さらにリミッターをぶっ壊し、続編『孤狼の血 LEVEL2』が現在公開中。メガホンをとったのは前作に引き続き白石和彌監督。オリジナルストーリーで鬱屈した社会に新たな熱狂を届ける。

 ABEMATIMESでは白石監督と前作『孤狼の血』の原作者である柚月裕子氏にインタビューを実施。柚月氏は『LEVEL2』をどのように観たのか?原作小説の誕生秘話、お互いの作品の共通点、そして気になる『孤狼』シリーズの今後についてまで、じっくりと話を聞いてきた。

『孤狼の血 LEVEL2』ストーリー

『孤狼の血』原作小説誕生秘話に、シリーズの今後は?監督・白石和彌&原作者・柚月裕子がぶっちゃけトーク

 広島の裏社会を収めていた刑事・大上章吾(役所広司)亡き後、その遺志を受け継いだマル暴刑事・日岡秀一(松坂桃李)。権力を用い、暴力組織を取り仕切っていた日岡だったが、出所してきた上林組組長・上林成浩(鈴木亮平)によって事態は急転していくーー。

担当編集には反対されていた?小説『孤狼の血』誕生秘話

『孤狼の血』原作小説誕生秘話に、シリーズの今後は?監督・白石和彌&原作者・柚月裕子がぶっちゃけトーク

――白石監督も柚月先生もとても優しい雰囲気で、作品とイメージのギャップがある方ですよね。

白石:僕も最初柚月先生にお会いしたときに「こんな美しくて温和な方からあんな物語がどうやって…」と驚きました。

柚月:(『孤狼の血』で音尾琢真演じる吉田の陰茎から真珠を取り出すという修羅場シーンを指し)“真珠”には負けましたよ(笑)。

――柚月先生は一緒にお仕事をされる前から白石監督の作品を観られていたんですか?

柚月:はい。『日本で一番悪い奴ら』なども拝見しておりましたし、お名前は存じ上げておりました。なので1(『孤狼の血』の意)のときに白石監督の名前が挙がったときは「あんなにすごい監督さんが映像化してくださるの!?」と感動した記憶が残っています。

私が存じ上げている白石監督の映画は非常にハードなものが多かったので、こんなにも温和な方が撮っているんだと私も驚きました(笑)。撮影にお邪魔してみても、怖い顔で撮っているのかなと思いきや、笑いながら撮ってらっしゃるので。そのギャップは1のときから感じていました。

『孤狼の血』原作小説誕生秘話に、シリーズの今後は?監督・白石和彌&原作者・柚月裕子がぶっちゃけトーク

ーー前作が公開される前に、柚月先生が登壇されている玉袋筋太郎さんの『孤狼の血』のイベントに参加させていただきました。そのときに、柚月先生が『孤狼』を書く前に担当編集者の方に反対されたというお話をされていて、そのことを印象深く覚えています。参考に渡された本もあえて読まなかったというお話は痺れました。

柚月:(後方をさして)その編集者が今日はあちらにいらっしゃいます(笑)。当時、文芸誌『小説 野性時代』の編集長だった彼から連載のご依頼をいただいて、「『仁義なき戦い』のような作品を書きたいんです」と伝えたんです。でも、先輩作家でその名手の方がいらっしゃったり、映画でも名作と呼ばれるものがたくさんある中で、非常にハードルの高いところに飛びこうもうとしていると思われたんでしょうね。それで、名作と呼ばれるものを「ご参考に」と渡されて。でも、それを読むと臆して書けなくなると思ったので、「読みました」って嘘をついて「それでも書きたいです」と伝えました。

そこで編集さんがすごいのは「わかりました。そこまで言うんだったら」と承諾してくださったということ。その後はどんどんいろんなアイデアを出してくださいました。当時は(物語も)動かしやすいので『仁義なき戦い』のような戦後の時代設定にしていたんです。あまり現代に寄せると規制が難しくなってくるので。でも、「『仁義』には『仁義』の世界観がありますし、それよりは現代よりに」とアドバイスをいただきまして、ギリギリ暴対法が施行される直前という時代設定になりました。

白石:時代設定が違ったとは初耳です!

柚月:監督ならよくお分かりだと思いますけど、現代になればなるほど動かしづらくなりますよね。

いただいた本は『孤狼の血』を書き上げた後に、「そろそろ読んでいいかな」というタイミングで読ませていただきました。どれも素晴らしい作品だったので、やっぱりあのとき読んでなくてよかったなと思いました(笑)。

白石:読んでいたら違ったものになっていたんですね。

柚月:やはり怯んでいたと思います。

――そのお話を聞いて、漢気・情熱のようなものを感じました。

柚月:漢気ですか!(笑)白石監督もそうですけど、活字であれ音楽であれ映像であれ、表現者というのはみなさん「ここは絶対書きたい」「撮りたい」というものをお持ちだと思います。

白石監督「組織に対していつも潰されていくのは個人」 互いの作品に共通する“権力に対する描き方”

『孤狼の血』原作小説誕生秘話に、シリーズの今後は?監督・白石和彌&原作者・柚月裕子がぶっちゃけトーク

――そんな柚月先生に、白石監督は今回オリジナルストーリーを見せるというのはプレッシャーがありましたか?

白石:それはもちろん!緊張しました。

柚月:え!本当ですか!?私としては1のときから全信頼を寄せていて「お任せします」という気持ちでした。作品をお嫁さんに出す感じで、「よろしくどうぞ末長く」という気持ちです(笑)。

白石監督:日本アカデミー賞のときか、その後のパーティーかに柚月先生に来ていただいたときに、(脚本の)池上(純哉)さんと「次は『孤狼の血』と『凶犬の眼』の間の話にしようと思うんです」って次回作の相談をさせていただいて、そのときに「もう好きなようにやっちゃってください」とおっしゃっていただいていたので、そこからは結構思い切って書いて読んでいただこうと決めていました。

柚月:もともと白石監督というのは「ここを撮る」ときっちり決めている監督なのだと『孤狼』以前の作品を観ても思っていたんです。それは『孤狼』を観ても「ここは譲れない」という確固たるご自分をお持ちの方だと伝わっていましたので、今回もオリジナルストーリーといえど不安や心配は一切ありませんでした。ただただ楽しみに完成を待っていました。そのワクワクを超えるものが今回もありました。

――今回も白石監督らしさを感じたところがありましたか?

柚月:冒頭です。1でも冒頭で豚の排泄物を食べさせるシーンがあって、「ここが白石監督のかしたハードルなんだ!ここに耐えれる人だけついてきてねってことなんだ!」と感じたんですけど、今回もそういうことが冒頭からありました(笑)。しょっぱなから上林の恐ろしさが全開で。きっと監督は、ご自身にとっても観る方にとっても「今回のハードルはここですよ」と決めて撮られる方なんだと勝手に感じています。

『孤狼の血』原作小説誕生秘話に、シリーズの今後は?監督・白石和彌&原作者・柚月裕子がぶっちゃけトーク

――お話を聞いているとお互いへのリスペクトを感じます。影響を受けていることはありますか?

白石:今回はオリジナルストーリーという風にはなっていますが、基本的に僕らは、柚月先生の書かれた『孤狼の血』の中で右往左往するしかないので、影響されているというよりは、完全に影響下のなかで撮らせていただいております。

権力に対する描き方はやはり共感できるし、そこのやりとりというのが『孤狼』の良さでもあったので、そこは今回の続編でも必ず入れたいと思いました。

柚月:白石監督の撮られる映画って、力を持っている者に対する疑問がいつもありますよね。『孤狼』でいえば警察がそうですし、権力・力を持っているものが本当に正しいのか、常にお考えの方なのかなと作品を通して感じています。

白石:組織に対していつも潰されて消されていくのは個人だというのは、一貫してテーマとして持っています。それは『日本で一番悪い奴ら』も『孤狼の血』でもそうですし、今回も犠牲になっていくのは非常にマイノリティな立場にいる人。そこは意識してやっています。それは今の世の中でも目立って起こっていることですよね。

柚月:それは映画を撮り始めた頃からですか?

白石:そうですね。師匠の若松(孝二)監督がそもそも反権力の人だったので、その影響も少しあるかもしれません。

『孤狼の血』でも、ガミさん(役所広司)が誰のために働いていたのか、何に信念を持ってやっていたのかということが描かれていた。その肝がどんとしっかりあるので、僕たちも続編で自由に日岡や上林を暴れさせていただけている。

『孤狼の血』原作小説誕生秘話に、シリーズの今後は?監督・白石和彌&原作者・柚月裕子がぶっちゃけトーク

柚月:上林のキャラクターはいつ頃から構想としてあったんですか?

白石:池上さんと話して「敵が凶悪であればあるほど、日岡が輝くだろう」というのがありました。日岡と上林では、どちらが太陽で月かなんてものは、もはや分からないんですけど。とにかく行き着くだけのキャラを一度描いてみようと思いました。

柚月:すごく対称的な二人ですよね。日岡はギラギラした眼で挑んでいくんですけど、上林は氷のような冷たい眼を持って戦う人だなと感じました。そこが双方の魅力を引き立てている。その熱さが全身をかけ巡って、観終わった後は席を立ち上がって「うぉ~!」と雄叫びを上げたくなりました。1のときは腰が抜ける感じだったんですけど、2は監督や役者さんの熱量がずっと体の中を渦巻いていました。

白石:そんな嬉しいコメントはないです!

柚月先生がクラブのママ役として出演 松坂桃李は共演に緊張?

『孤狼の血』原作小説誕生秘話に、シリーズの今後は?監督・白石和彌&原作者・柚月裕子がぶっちゃけトーク

――今回、柚月先生はクラブのママ役として出演されてますね。それはどのように決まったのでしょうか?

柚月:お恥ずかしいです。

白石:柚月先生がご自分の作品のドラマに一度出られていると耳にして、「じゃあこっちも」みたいな感じでした。相談したら「ご本人に聞いてみます。多分大丈夫じゃないですかね」とのことで、とんとん拍子に。

せっかく来ていただけるなら、「池上さん、セリフ書いて!」って足しました(笑)。

そうしたら、撮影の1週間前くらいに(松坂)桃李くんから「このシーンって柚月先生出ますか?」って質問がきたんです。「あ、気づかれた」と思いました(笑)。多分予定表か何かを見たんでしょうね。

なんなら日岡にちょっと柚月先生のお尻触ってもらおうかなとか言っていたんですけど、普段「嫌」とは言わない桃李くんが「それだけはすみません…!『孤狼』に出られなくなっちゃうんで、すみません!」って断ってきました(笑)。

柚月:そんなことがあったんですね(笑)。お話を頂いたときはすごく嬉しかったです。普段執筆って一人の時間が多いので、現場にお邪魔して、どれだけの方が関わって、どれだけの方がこの作品を楽しみにしているかというのを、肌で感じることができました。素晴らしい時間をいただきました。

柚月氏も続編に期待「『LEVEL3』と言わずに『LEVEL MAX』までいっていただきたい」

『孤狼の血』原作小説誕生秘話に、シリーズの今後は?監督・白石和彌&原作者・柚月裕子がぶっちゃけトーク

――『凶犬の眼』をやるのではと早くも期待が高まっています。そのことについてお二人でお話されたりはしましたか?

白石:
これからです。一度柚月先生とみんなで食事がてら色々意見交換しましょうとなったんですけど、緊急事態宣言もあって、それが延び延びになっています。でも、少なくとも桃李くんは「このままでは終われないです!」って息巻いてます(笑)。

――そうですよね(笑)。先ほど滝藤賢一さんと中村獅童さんのインタビューだったのですが、滝藤さんも『孤狼』に出続けるために「(嵯峨役として)絶対に死にたくない!」とおっしゃっていました。

白石:
殺しとけば良かったな(笑)。でも、そういう一人一人の想いがこれだけあるということは、愛された作品ですしありがたいことです。

――(『凶犬の眼』主要キャラクターの)国光役を誰がやるのか気になります。

白石:
国光は観たいですよね!

柚月:私は小説を書くときにいつもモデルを決めてないんです。漠然と「ガタイがいい」とか「涼やかな目を持つ」とかはあるんですけど、それを白石監督が現実化してくださる。次があるなら、国光もとても楽しみです。
そのときは『LEVEL3』と言わずに『LEVEL MAX』までいっていただきたい。一ファンとして私も望んでいます!

――本日は貴重なお話ありがとうございました!

『孤狼の血』原作小説誕生秘話に、シリーズの今後は?監督・白石和彌&原作者・柚月裕子がぶっちゃけトーク
『孤狼の血』原作小説誕生秘話に、シリーズの今後は?監督・白石和彌&原作者・柚月裕子がぶっちゃけトーク

取材・文:堤茜子

写真:You Ishii

(c)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

孤狼の血[R15+] - 孤狼の血[R15+] (映画) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
孤狼の血[R15+] - 孤狼の血[R15+] (映画) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
ABEMA
日本で一番悪い奴ら (映画) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
日本で一番悪い奴ら (映画) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
ABEMA
担当編集者は反対していた? 柚月裕子が『孤狼の血』を生み出すまで 【ABEMA TIMES】
担当編集者は反対していた? 柚月裕子が『孤狼の血』を生み出すまで 【ABEMA TIMES】
ABEMA TIMES
滝藤賢一×中村獅童インタビュー「絶対に死にたくない!」『孤狼の血』シリーズ化への想い 【ABEMA TIMES】
滝藤賢一×中村獅童インタビュー「絶対に死にたくない!」『孤狼の血』シリーズ化への想い 【ABEMA TIMES】
ABEMA TIMES