8月21日、大ヒット映画『孤狼の血 LEVEL2』の公開を記念し、舞台挨拶が開催。前作から同シリーズに出演し、本作で主人公の刑事・日岡秀一を演じる松坂桃李が作品への思いを語った。

松坂桃李、役所広司なき『孤狼の血 LEVEL2』に当初感じたプレッシャー「足がガクガクと震えました」

【動画】孤狼の血

 前作から3年ぶりの公開となった本作。今回の続編が始動すると決まった際に、楽しみと不安どちらの気持ちが勝っていたかを聞かれると、「圧倒的不安でした」と即答。続けて「前作の公開からわりとすぐに今回の続編のお話を頂いたんですが、その時は『そうなんですね』くらいの感じだったんです。でも、前作を観た方ならご理解いただけると思うんですけど、『あの大上さん(演:役所広司)の立ち位置を今度は僕が…?』と、状況を理解していくと、どんどん緊張感というか不安が増してきて。前作は大上さんの背中にくっついておんぶに抱っこ状態だった分、今度は自分があんなすごい立ち位置に着くと思うと足がガクガクと震えました」と本音を漏らした。

松坂桃李、役所広司なき『孤狼の血 LEVEL2』に当初感じたプレッシャー「足がガクガクと震えました」

 予告編を見ると、日岡は前作の好青年のような雰囲気からガラリと激変。あの破天荒な大上の風貌を思わせるようなワイルドな容姿にも注目が集まった。この変貌ぶりに松坂自身は、「前作から3年の時間が経過しているので、今回の“LEVEL2”の日岡になるまでに一体彼に何があったのか、どういう3年間を過ごしてきたのか、というのを考えていました。最終的に今回の日岡は“狼に育てられた犬”をイメージして作り上げていこうと。そんな漠然としたイメージを最初に抱きつつ、台本を読み進め“LEVEL2”の日岡の人物像を構築してきました」とコメント。そんな中、頼もしい共演者に心を救われたようで、「初日に思ったのが、今回はここにいるキャストの方々も含めて強烈な個性を持ったキャラクターが日岡の前に嵐のようにバーっと立ちはだかってきます。けど、周りにはこんな心強いキャストさん、スタッフさんがいる。この人達と一緒にきっと前作を超えていけるんだな、と思いました」と、初日の心情を振り返った。

松坂桃李、役所広司なき『孤狼の血 LEVEL2』に当初感じたプレッシャー「足がガクガクと震えました」

 イベントには松坂のほか、鈴木亮平西野七瀬音尾琢真、中村梅雀、小栗基裕、白石和彌監督が登壇。前作の『孤狼の血』から3年。さらにパワーアップして、スクリーンに帰ってきた『孤狼の血 LEVEL2』! 広島の刑事・日岡(松坂桃李)は前作で殉職した伝説の刑事・大上(役所広司)の風貌を踏襲するような荒っぽいビジュアルに激変。本作では “日本映画史上最凶の悪役”との呼び声も高い、上林組組長・上林成浩(鈴木亮平)との対峙、組同士による激しい抗争への関与など、大上亡き後、その意思を引き継ぐ日岡の姿を描いている。

松坂桃李、役所広司なき『孤狼の血 LEVEL2』に当初感じたプレッシャー「足がガクガクと震えました」
松坂桃李、役所広司なき『孤狼の血 LEVEL2』に当初感じたプレッシャー「足がガクガクと震えました」
松坂桃李、役所広司なき『孤狼の血 LEVEL2』に当初感じたプレッシャー「足がガクガクと震えました」
松坂桃李、役所広司なき『孤狼の血 LEVEL2』に当初感じたプレッシャー「足がガクガクと震えました」
松坂桃李、役所広司なき『孤狼の血 LEVEL2』に当初感じたプレッシャー「足がガクガクと震えました」
松坂桃李、役所広司なき『孤狼の血 LEVEL2』に当初感じたプレッシャー「足がガクガクと震えました」
松坂桃李、役所広司なき『孤狼の血 LEVEL2』に当初感じたプレッシャー「足がガクガクと震えました」
松坂桃李、役所広司なき『孤狼の血 LEVEL2』に当初感じたプレッシャー「足がガクガクと震えました」

文:近藤加奈子

写真:野原誠治

孤狼の血[R15+] (映画) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
孤狼の血[R15+] (映画) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
松坂桃李インタビュー 『孤狼の血 LEVEL2』は未完成な日岡の「黒歴史」 シリーズへの想い語る 【ABEMA TIMES】
松坂桃李インタビュー 『孤狼の血 LEVEL2』は未完成な日岡の「黒歴史」 シリーズへの想い語る 【ABEMA TIMES】
ABEMA TIMES