子どもの名前はどうやって決めた?三浦翔平「何個かパターンはあったんですが…」決め手となったエピソードを明かす『私たち結婚しました』第8話
番組をみる »

 8月27日(金)夜11時より、ABEMAのオリジナル恋愛番組『私たち結婚しました』#8が放送。番組MCを務める三浦翔平や千鳥・ノブが、子どもの名前を決めた際のエピソードを披露した。

▶動画:子どもの名前はどうやって決めた?三浦翔平&ノブが秘話明かす

『私たち結婚しました』とは

子どもの名前はどうやって決めた?三浦翔平「何個かパターンはあったんですが…」決め手となったエピソードを明かす『私たち結婚しました』第8話

 『私たち結婚しました』は、韓国で2008年から約9年間レギュラー放送された大ヒット番組を、日本版にリメイクした結婚モキュメンタリー番組。野村周平とさとうほなみ、白洲迅と堀田茜、芸能人ペア2組の“結婚生活”に密着し、“理想の夫婦関係”を追い求めていく様子を映し出していく。スタジオでは千鳥のノブ、三浦翔平、河北麻友子がMCを務める。

子どもの名前、どうやって決めた?三浦翔平&ノブの場合は…

 白洲と堀田に「子どもの理想の名前を考えてください」というミッションが出されたことにちなみ、スタジオでも子どもの名前の決め方が話題に。ノブは、一児の父である三浦に「どうしました?」と尋ねた。すると三浦は、子どもが生まれた時にまだ名前が決まっておらず、候補が複数ある状況だったことを説明。候補に上がっていた名前で子どもに声かけをしたところ、「たまたまその名前の時にチビが手を上げたんですよ」と振り返った。

 一方ノブは、長男・次男ともに妻から「一任された」とのこと。そして「長男の名前、『晴』って書いて『はる』なのよ」と切り出し、白洲が堀田と考えた子どもの名前が、長男の名前と同じだったことに驚いていた。名前の由来を問われると、ノブは夫婦の出身地である岡山県が、雨があまり降らないことから「晴れの国」と言われていることにちなんで「晴」と名付けたと説明。河北が「意外とロマンチックだなと思って。もっと雑な…(笑)」と笑うと、ノブは「誰が子供の名前雑に決めんねん(笑)」とツッコんでいた。

子どもの名前はどうやって決めた?三浦翔平「何個かパターンはあったんですが…」決め手となったエピソードを明かす『私たち結婚しました』第8話

 次回、2組の夫婦に別れの時が近づく。白洲は堀田の髪をドライヤーで乾かしてあげ、リラックスした雰囲気で会話を交わす。そしてついに、膝枕をするほど急接近!?一方、野村とさとうは最後の思い出作りを行う。さらには野村から「あと5年ぐらい結婚してなかったら、結婚するのほなみんかな」と大胆発言も!『私たち結婚しました』#9は、9月3日(金)夜11時より放送。

子どもの名前はどうやって決めた?三浦翔平&ノブが秘話明かす
子どもの名前はどうやって決めた?三浦翔平&ノブが秘話明かす