8月25日、香取慎吾、祐真朋樹二人のディレクターによるPPP SHOP、「JANTJE_ONTEMBAAR」が無事お引越しを終え、丸の内に新店舗を開店。同日夕方、前触れなく突如稲垣吾郎草なぎ剛、香取慎吾の3人が初めて同店に来店、稲垣、草なぎは初めて見た店舗に感激、「おめでとう」と口々に祝福した。

【動画】香取慎吾、AKB48がゲストの時は「『無理だよ…!』って」 共演時の“苦労話”明かす

 早速「前のものも残っているんだね」と前の店舗から持ち込まれた装飾に気づいた草なぎに香取から「ファッションだけでなくこうした(サステナビリティ)話しを聞いた時に、祐真(朋樹)さんもぼくもそうしよう、とすぐに納得した」といった説明が。

 稲垣も「『BISTRO J_O』の空間と相通ずるものがあるよね。『BISTRO J_O』にも近くなったし、『BISTRO J_O』に行って、そのあとで『JANTJE』で買い物して…」と訪れたお客さまたちが、自身がディレクターを務めるレストラン、カフェ、「BISTRO J_O」(中央区銀座2-4-6銀座Velvia館9階)も共に楽しんでほしいと語っていた。

 さらに商品を見てまわっていると、今回初めて「JANTJE_ONTEMBAAR」オリジナルのアパレルとして新発売されるリラクシングシャツ&パンツに気づいた2人。

 「草なぎ君も僕もこれすごくいいねって」(稲垣)「今って部屋にる時間もだいぶ長くなっているから」(香取)「パジャマって重要だよね、気に入ったパジャマ着てるだけでワクワクするよね」(稲垣)「Tシャツもいいねえ」(草なぎ)とお店の魅力について3人は語り続けていた。

 丸の内仲通りの角地に位置し図らずも、3人がIPC(国際パラリンピック委員会)アンバサダー(特別親善大使)を務めるパラリンピック会場の一つ、「国際フォーラム」も近く、海外から集まるパラリンピック関係者も通りかかる度にショーウインドーを興味津々にのぞき込む姿も見受けられた。

 なお、コロナ感染防止の観点から対策を十分に考慮し、現在は完全予約制、一定時間の来客数を限定し、お客様にも深い理解をいただきながら店舗を営業している。

香取慎吾、AKB48がゲストの時は「『無理だよ…!』って」 共演時の“苦労話”明かす
香取慎吾、AKB48がゲストの時は「『無理だよ…!』って」 共演時の“苦労話”明かす