レジェンド・羽生善治九段 対 AI時代の申し子・千田翔太七段 対局開始/将棋・JT杯
番組をみる »

 将棋の早指し棋戦・将棋日本シリーズ JTプロ公式戦の1回戦第4局が8月28日に行われ、羽生善治九段(50)と千田翔太七段(27)が対局開始した。

【中継】「将棋日本シリーズ」一回戦第四局 羽生善治九段 対 千田翔太七段

 羽生九段は、1985年12月に四段昇段。竜王戦1組(1組以上:32期)、順位戦A級(A級以上:29期)。タイトル通算99期、棋戦優勝45回は歴代最多記録。その他にも七冠独占、永世七冠、通算最多勝など、数々の最多記録を保持している将棋界のレジェンドだ。今年の大会は賞金ランキング6位で出場権を得た。

 千田七段は、2013年4月に四段昇段。竜王戦2組、順位戦B級1組。2019年度の朝日杯将棋オープン戦で棋戦優勝の経験がある。将棋ソフトを活用した研究でも知られており「AI時代の申し子」とも呼ばれる。本大会は賞金ランキング10位で出場している。

 JTプロ公式戦は前年覇者、タイトルホルダー、賞金ランキング上位者から12人が選出されるトップ棋士たちによるトーナメント戦。持ち時間は各10分、切れたら1手30秒未満、各5分の考慮時間。振り駒の結果、先手は羽生九段。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

2021年度「将棋日本シリーズ」一回戦第四局 羽生善治九段 対 千田翔太七段
2021年度「将棋日本シリーズ」一回戦第四局 羽生善治九段 対 千田翔太七段
将棋日本シリーズ JTプロ公式戦
将棋日本シリーズ JTプロ公式戦
将棋日本シリーズ JTプロ公式戦