「あまり女子とつるまない」トリンドル玲奈、自己流の"マウンティング"対策を告白

 ABEMAにて8月28日(土)に『29.4~ワタシの選択肢~with anan』が放送された。日本の平均初婚年齢29.4歳という現代社会において、さらに輝ける生き方を模索するべく、人気雑誌『anan』協力の元、一般女性からの実体験をVTRで再現。スタジオでは29歳前後の芸能人のトークも交えながら、新たな人生・選択肢のヒントを学んでいく。

 第2回の放送ではMCの横澤夏子、29.4歳ゲストのトリンドル玲奈、Creepy NutsのDJ松永が登場。それぞれのジャンルのマウンティングエピソードについて明かした。

▶見逃し配信中:女のマウンティングや副業などについて赤裸々トーク

「あまり女子とつるまない」トリンドル玲奈、自己流の"マウンティング"対策を告白

 VTRでは仲が良かった同期からのマウントに嫌気がさし、会社の人とのプライベートな付き合いを絶った女性の体験談を紹介。結果、快適な生活を送れるようになったという。これを受け横澤からトリンドルに「同期や仕事の人からマウンディングされたことは?」と質問を投げかけると、「こういうのが嫌であんま女子とつるまないですね」とコメント。「相談とかも男の子の友達や家族にしたりとか」と、トリンドル流のマウンティング対策を告白。横澤が「そういうのを見てチクッと言ってくる女子とかはいない?」と聞かれると、「言われてもなんとも思わないですね」ときっぱり。

「あまり女子とつるまない」トリンドル玲奈、自己流の"マウンティング"対策を告白

 一方、横澤は「色んな劇場があるので1日にどんだけステージに立ったかというのを(女芸人同士で)話したりするんですよ」と女芸人界ならではのマウンティングを告白。さらに「おかずクラブが『私たち渋谷もあるから7ステ!』とかアピールしてくると、『あ、負けたわ~』って」とエピソードを披露。DJ松永は「忙しさマウントだ!」と、ジャンルは違えど横澤の話に共感している様子。また横澤は「楽屋とかって如実に出ますよね。売れている芸人ほど真ん中の席に座ってめっちゃでかい声で喋っているんですよ」と、芸人の裏側を明かしていた。

「あまり女子とつるまない」トリンドル玲奈、自己流の"マウンティング"対策を告白

 HIPHOP界のマウンティングについて聞かれるとDJ松永は、「すごい縦社会だから生物的に強い奴がヒエラルキーの上に立つ。だから意外とシンプル」と回答。また「人間力で上に立つ人もいるじゃないですか? それがわかりやすい」と業界のルールを説明。だが「フェスとかバンドとかもう少し広げた音楽業界にいくと、やっぱり売れている人が偉いんだ、そういう世界なんだ、というのをすごく実感する」と、HIPHOP界の外に出た際の印象を語った。

新たな人生・選択肢のヒントを学ぶ「29.4 ~ワタシの選択~ with anan」
新たな人生・選択肢のヒントを学ぶ「29.4 ~ワタシの選択~ with anan」
ABEMA
婚活や夜の悩み、マッチングアプリについて語る
婚活や夜の悩み、マッチングアプリについて語る
ABEMA
結婚?別れ?悩めるカップルが結論を出す7日間の旅
結婚?別れ?悩めるカップルが結論を出す7日間の旅
ABEMA