怪談にも訪れたコンプライアンスの壁 地上波では「人が亡くなる怪談」はNG?
番組をみる »

 28日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(ABEMA)が放送され、コンプライアンスに悩まされる怪談事情が明かされた。

 この日はオカルトコレクターの田中俊行、都市ボーイズ・はやせやすひろに加えて魔女占い師の叶ここをゲストに招き、人を呪うために作られたものや、期せずして呪物になってしまった「いわくつきのアイテム」を紹介していった。

▶見逃し配信中:オカルトコレクターが呪物を一挙公開「本当に恐い話SP」

 はやせは「オカルトスター誕生!」や「怪談グランプリ」などの大会で複数回優勝する実績を持っているが、竹山は「テレビ関係者から『今は本当に怖い話をテレビでしづらい』と聞いたんですが、本当?」と質問を投げかけた。

怪談にも訪れたコンプライアンスの壁 地上波では「人が亡くなる怪談」はNG?

 すると、はやせはテレビ番組で怪談を話す仕事を受けた際のエピソードを披露。いくつか怪談話の候補を出したはやせだったが、相手からは「人が亡くならなくて、不幸にならない話ないですか?」というリクエストを受けたという。

 これに竹山は爆笑して、番組レギュラーの古関れんも「オカルトでもなんでもない」とコメントすると、はやせも「それって怪談なの?」と首を傾げたそう。

 竹山が「本当にそういう風になっちゃってるんだ」と驚くと、はやせは「本当にダメです」と認めて「なので一番軽い、もう心霊でもなんでもない話をして終わったりとかもあります」と振り返った。

 古関が「ポルターガイスト的な話とかしかできない?」と問いかけると、はやせは「そうです」と認めて「人が亡くならなくて、自分のなかだけで終わっているような(話)」と、テレビではあたりさわりのない話をして、主戦場をネットに移していることを明かしていた。

オカルトコレクターが呪物を一挙公開/スタッフのイヤホンに猫の鳴き声が
オカルトコレクターが呪物を一挙公開/スタッフのイヤホンに猫の鳴き声が
池からはっきりと聴こえる「おかえりなさい」の声(1時間13分30秒頃~)
池からはっきりと聴こえる「おかえりなさい」の声(1時間13分30秒頃~)
聞くだけで霊障が起こる…!? 日本各地の“最恐”怪談話6選
聞くだけで霊障が起こる…!? 日本各地の“最恐”怪談話6選
ABEMA TIMES