9月1日、テレビ朝日ABEMAが共同制作する「“ネオバズ”水曜日『みえる』」#42が放送。MCの東野幸治とピン芸人・ゆってぃがサッカー日本代表のシュート決定力に不満を漏らし、その理由の一つに、人気マンガ「キャプテン翼」が影響している説を唱えた。

「キャプテン翼」の影響で日本ではMFが人気?ゆってぃ「『(日向)小次郎』っていうサッカーマンガがあったら…」
番組をみる »

【動画】「キャプテン翼」の影響で日本ではMFが人気?ゆってぃ「『(日向)小次郎』っていうサッカーマンガがあったら…」

 “ちょっと先の未来がみえる!?”をテーマに、現実に起こりうる出来事を予想する同番組。今回は「カタールW杯アジア最終予選日本VSオマーン」にまつわる未来の一つ、「日本代表で最初にゴールを決める選手、アシストをする選手」が予想された。

 ゆってぃの予想は「鎌田(MF)コーナーキック→吉田(DF)」。ゆってぃはまず、「向こうは勝ち点1の引き分けでいいので、ものすごく引いてくると思う」「すごく守ってくる」とカタールの戦略を予想した。

 すると東野が、「守っているチームに対して、日本チームは圧倒的なストライカーがいない」と、決定力不足な印象を告白。「僕ら素人から見たら、シュートを打ったらええのに、打たないでパス回している感じ」ともどかしさを明かした。

 東野の言葉に、ゆってぃは「これは日本のサッカーの悪いところ」と同意。「『キャプテン翼』がいけないんですよ。翼を見て、MFが育っちゃった」と、サッカーマンガの名作「キャプテン翼」の影響を力説し、中田英寿、本田圭佑といったMFの名選手も例に出した。

 東野は「日向小次郎に憧れる子は少ないのか」と、翼のライバルで天才ストライカー・日向小次郎に言及。「『小次郎』っていうサッカーマンガがあったら……」と惜しんだ。

 すると人気占い師・Love Me Doが「FWのマンガが始まったんです。『ブルーロック』っていう、FWだけを集めたマンガ」と、FW人気の高まりを期待。東野が「12才くらいの子が読み出したら、8年かかる(笑)」とトホホ顔を見せると、Love Me Doは「日本サッカー協会は、2050年にW杯で優勝するのが目標なので」と“長期戦”を視野に入れ、東野は「なるほど、30年弱で男子が優勝すると……」と待ちきれない様子を見せていた。

みえる - 本編 - #42 サッカー好きが集結!!・・「日本対オマーン」のスタメンは選手は? (バラエティ) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
みえる - 本編 - #42 サッカー好きが集結!!・・「日本対オマーン」のスタメンは選手は? (バラエティ) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA