稲垣吾郎に子どもが15人できる未来? 吉本ばなな氏の“指摘”に「頑張ります」
番組をみる »

 5日放送のABEMA『7.2新しい別の窓 #42』で、稲垣吾郎が小説家の吉本ばなな氏と対談した「インテリゴロウ」企画の模様が公開。ばなな氏が稲垣の今後に関して、「これから子ども15人くらいできるかも」と驚きの指摘をした。

【放送中】『7.2新しい別の窓 #42』

 10日に公開される映画『ムーンライト・シャドウ』(吉本ばなな氏原作)が「大切な人との死別」を描いていることから、話題は2人の死に対する考えに。ばなな氏は過去に“遺言状”を何度か書いてきたそうで、「書いて金庫に入れてたんだけど、若いうちから書いてるから状況が更新されちゃって。旅が多かったから、『飛行機落ちるかも』と思って。でも頻繁に状況が更新されるから面倒くさくなっちゃって、もういいや手帳でと思って」と明かす。

稲垣吾郎に子どもが15人できる未来? 吉本ばなな氏の“指摘”に「頑張ります」

 ばなな氏の家には絵が多くあるそうで、これらが捨てられたり遺産相続時に揉めたりしないよう、「これは資産になるから捨てないで」と子ども向けの“遺言”が手帳に書いてあるという。

 ばなな氏の考えを受けて、死について考えないようにしているという稲垣は「自分には子どもがいないっていうのもあるのかな」とコメント。ばなな氏が「これからどんどんできるかも。15人くらい。そうしたら、みんなが争って醜く『家を15分割しよう』とか(笑)。頑張ってください」と笑うと、稲垣は「これから15人できるんですか、僕。頑張ります」と応じていた。

7.2 新しい別の窓 #42 | 新しい未来のテレビ | ABEMA
7.2 新しい別の窓 #42 | 新しい未来のテレビ | ABEMA
7.2 新しい別の窓 - #41(8月) (バラエティ) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
7.2 新しい別の窓 - #41(8月) (バラエティ) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA