大友愛、”美人アスリート”と括られるのが嫌だった 小椋久美子も共感
番組をみる »

 『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に、元バレーボール選手の大友愛が登場。「バレー以外のことで悩み、全盛期で引退しちゃった先生」として授業を行った。

 番組には“担任役”としてオードリーの若林正恭、“生徒役”には平成ノブシコブシの吉村崇、ハライチの澤部佑、AKB48の横山由依、元バドミントン選手の小椋久美子、タレントの黒木ひかりが出演。

▶見逃し配信中:元女子バレー代表 大友愛 マスコミに追われるストレス...全盛期での電撃引退の裏側とは

大友愛、”美人アスリート”と括られるのが嫌だった 小椋久美子も共感

 19歳のときに日本代表に選出され、注目が増してメディアに露出するようになった大友。当時はアイドルかのように扱われ、プライベートを撮影した記事が出回るなど、バレーボール以外のところで参っていた。なぜアスリートがマスコミに取材されたり、私生活を週刊誌に書かれるのか、まったく理解できなかったという。

 また、マスコミによる「美人アスリート」の括りが嫌だったといい、「当時の写真見ていただければわかる、決して美人ではないんですよ」と自虐すると、出演者らは一斉に「いやいや」と否定。大友は申し訳なさそうな顔で「言わせてるようなことになっちゃった」と笑うと、吉村は「『本当ですね~』は言えないですよ」とツッコミ、笑いを誘った。

大友愛、”美人アスリート”と括られるのが嫌だった 小椋久美子も共感

 小椋も、潮田玲子と”オグシオ”ペアを組んでいたときに「美女ペアと言われていた」と明かすと、大友は「美女でした」と肯定。すると小椋は「いやいや、私の昔見たことあります?」とボケて笑いを誘った。

 若林は「美女は美女だってみんな思ってますよ、大友さんも小椋さんも」とフォローを入れると、小椋は「本当ですか?え~?嘘?」と満更でもない様子。しかし若林が「言わされてんな!」と自分にツッコミを入れると、スタジオは笑いに包まれた。

元女子バレー代表 大友愛「バレー以外のことで悩み、全盛期で引退しちゃった先生」
元女子バレー代表 大友愛「バレー以外のことで悩み、全盛期で引退しちゃった先生」
14歳でスター!安藤美姫と考える10代選手"五輪の重圧"
14歳でスター!安藤美姫と考える10代選手"五輪の重圧"