ジョニー黒木、"第二の大谷翔平"は出てこないと断言する理由「100年に1人の選手」
番組をみる »

 6日深夜、『スピードワゴンの月曜The NIGHT』(ABEMA)が放送され、元プロ野球選手の黒木知宏(ジョニー黒木)が現在メジャーリーグで大活躍のエンゼルス所属、大谷翔平選手がいかに逸材かについて語った。

 この日は「今年の野球を語りつくそうSP」と題して黒木と、野球評論家のお股ニキ氏、高校野球に造詣が深い芸人のいけだてつやを招き、日本のプロ野球(NPB)や高校野球、メジャーリーグ(MLB)に関するトークを展開していった。

 番組終盤では野球界の将来や「第二の大谷翔平選手を育てるのに必要だと思うこと」というトークテーマに。

▶見逃し配信中:今年の野球語り尽くし!大谷翔平の未来はどうなる?

 井戸田潤が「今後、このようなスーパースター出てきますか?」と問いかけると、黒木は「大谷翔平選手は、出てきません!」と言い切り「出てこないでしょ? 100年に1人の選手ですよ」と、いかに逸材なのかについて力説。

 そして「打つことがすごい、投げることがすごい選手は多分いると思うんです。だけど両方すごくて、かつあの人間性と顔とか肩幅とかスタイルとか見たら……います? いないでしょ」と続けた。

ジョニー黒木、"第二の大谷翔平"は出てこないと断言する理由「100年に1人の選手」

 また、黒木は子どもたちの将来について、さまざまな能力を上げるために必要なのは「全力で楽しむ」ことだとして「大谷選手を観ていると、なにをするのでも楽しそうでしょ? 楽しいことは夢中になるし、楽しいことは継続できるんです。継続していったら必ずコツであったりとか要領がわかってくる。そうするとレベルが上がってくる」と、大谷選手を引き合いに何事も全力で楽しむことが健やかな成長につながるのではないかと提言した。

 小沢一敬が今後必要となる指導者像について尋ねると、黒木は「子どもたちに寄り添って話をしなきゃ駄目だと思う。僕ら大人の感覚だけじゃなくて、子ども目線で見たときにどうしたら子どもたちがいい方向に向かっていくか、という道しるべを出してあげるために大人は勉強しないといけない」と、大人側の努力も求められると指摘した。

今年の野球を語りつくそうSP
今年の野球を語りつくそうSP
大柄男性が揃ってお口“あんぐり”
大柄男性が揃ってお口“あんぐり”
メジャーリーグベースボール2021
メジャーリーグベースボール2021