野村周平&さとうほなみ、結婚生活が終了「2人で過ごす最後の日」三浦翔平も「寂しさが伝わってくる」『私たち結婚しました』最終回
番組をみる »

 9月10日(金)夜11時より、ABEMAのオリジナル恋愛番組『私たち結婚しました』の最終回が放送。番組内で結婚生活を送ってきた野村周平とさとうほなみが、最終日に釣りデートへ。行きの車中からすでにしんみりした空気が漂い、MC陣の間でも、寂しそうな2人の様子が話題に上がった。

▶動画:野村周平&さとうほなみ、結婚生活が終了「2人で過ごす最後の日」

『私たち結婚しました』とは

野村周平&さとうほなみ、結婚生活が終了「2人で過ごす最後の日」三浦翔平も「寂しさが伝わってくる」『私たち結婚しました』最終回

 『私たち結婚しました』は、韓国で2008年から約9年間レギュラー放送された大ヒット番組を、日本版にリメイクした結婚モキュメンタリー番組。野村周平とさとうほなみ、白洲迅と堀田茜、芸能人ペア2組の“結婚生活”に密着し、“理想の夫婦関係”を追い求めていく様子を映し出していく。スタジオでは千鳥のノブ、三浦翔平、河北麻友子がMCを務める。

最後のデートに寂しさを募らせる2人…車中でイチャイチャする場面も

 本当の夫婦さながらの仲の良さを見せてきた野村とさとうに、結婚生活最後の日が訪れた。野村の運転で2人が向かったのは、千葉県鴨川市にある釣り堀「太海フラワー磯釣りセンター」。最終日に、野村が好きな釣りを夫婦で楽しむことにしたようだ。行きの車の中でさとうは「最後…2人で過ごす1日」とポツリ。野村も「なんか寂しいね」とつぶやいた。

 いつもは元気いっぱいの2人も、この日はどうも会話が続かない。車内に沈黙が流れ、湿っぽい雰囲気に包まれると、スタジオの三浦からも「寂しさが伝わってくる」と声が上がった。後のスタジオトークでも、この時の2人の様子が話題に上がり、河北は「車の中しんみりしすぎて、誰か死んだのかなと思うぐらいの暗さでしたよね」と回想。ノブが「表情に出るよね」と同調すると、河北は「2人とも(顔が)引きつっていた」と指摘していた。

野村周平&さとうほなみ、結婚生活が終了「2人で過ごす最後の日」三浦翔平も「寂しさが伝わってくる」『私たち結婚しました』最終回
野村周平&さとうほなみ、結婚生活が終了「2人で過ごす最後の日」三浦翔平も「寂しさが伝わってくる」『私たち結婚しました』最終回

 どうしてもしんみりしてしまう2人だったが、ラブラブぶりは最終日も健在。野村は「僕はけっこう『釣り堀なんて行かねーよ』って人だけど、今日は大丈夫。今日はほなみんと行く釣りだから」と、さとうとの釣りに胸を膨らませ、助手席に座るさとうの手を握った。するとさとうもパッと笑顔になり、イチャイチャモードに。「釣れる方を選んでくれたんだね」と、野村の気遣いに嬉しそうな様子を見せていた。

野村周平&さとうほなみ、結婚生活が終了「2人で過ごす最後の日」三浦翔平も「寂しさが伝わってくる」『私たち結婚しました』最終回

 『私たち結婚しました』最終回は1週間無料配信中。両夫婦の未公開映像ならびに『私たち結婚しました』4話~9話はABEMAプレミアムにて配信している(第1~3話は無料配信中)。

野村周平&さとうほなみ、結婚生活が終了「2人で過ごす最後の日」
野村周平&さとうほなみ、結婚生活が終了「2人で過ごす最後の日」