野村周平「結婚相手がほなみんで良かった」別れへの寂しさが募り…『私たち結婚しました』最終回
番組をみる »

 9月10日(金)夜11時より、ABEMAのオリジナル恋愛番組『私たち結婚しました』の最終回が放送。番組内で結婚生活を送ってきた野村周平とさとうほなみが、夫婦として過ごす最後の夜に、互いへの想いを本音で語り合った。

▶動画:野村周平「結婚相手がほなみんで良かった」別れへの寂しさが漂い…

『私たち結婚しました』とは

野村周平「結婚相手がほなみんで良かった」別れへの寂しさが募り…『私たち結婚しました』最終回

 『私たち結婚しました』は、韓国で2008年から約9年間レギュラー放送された大ヒット番組を、日本版にリメイクした結婚モキュメンタリー番組。野村周平とさとうほなみ、白洲迅と堀田茜、芸能人ペア2組の“結婚生活”に密着し、“理想の夫婦関係”を追い求めていく様子を映し出していく。スタジオでは千鳥のノブ、三浦翔平、河北麻友子がMCを務める。

屋上で最後の晩酌、結婚生活の思い出を振り返る2人

 ついに迎えた最終日、野村とさとうは新居の屋上で最後の晩酌を楽しんだ。最初は殺風景だった屋上も、今ではすっかりオシャレな空間に姿を変えていた。最後に設置したのは、2人で協力して色を塗った緑の机。そして、この日屋上にはスクリーンも用意されていた。さとうが「これ何?」と聞くと、野村は「ただの動画を観るんじゃないんですよ。頼んで作ってもらいまして。ダイアリー的な」と説明。2人はビールを飲みながら、結婚生活の思い出が詰まった動画を鑑賞した。

野村周平「結婚相手がほなみんで良かった」別れへの寂しさが募り…『私たち結婚しました』最終回

 動画は結婚式のシーンから幕を開けた。「幸せにしたいと思っているので」と宣言した自分に、野村は「恥ずかしいわ」と照れ笑い。その後もスクリーンには次々と、幸せそうな2人の姿が映し出されていった。植物販売店で初めて手を繋いだ時のこと、富士急ハイランドの絶叫マシンに乗った時のこと、野村がさとうに誕生日サプライズをした時のこと…。その1つ1つが、2人にとってかけがえのない思い出となったようだ。動画を観る野村とさとうは、感動の表情を浮かべていた。

野村周平「結婚相手がほなみんで良かった」別れへの寂しさが募り…『私たち結婚しました』最終回

当初は「合わないのでは」と不安も…探り合い見つけた共通点

 野村が結婚生活の感想を尋ねると、さとうは「私は本当に初体験のことをたくさんさせてもらったから楽しかったし、本当に周ちゃんで良かったなと思いますよ」と吐露。しかし当初は、野村に対し「合わない人」という印象を抱いていたという。自分はインドア派のため、アクティブな野村とは合わないのではないかと、不安に思っていたようだ。だが、実際は「一緒にいて楽しかった」とさとうが語ると、野村も「そうなんだよね」と同調。「本当にインドアで、全部俺がやることに関して『行ってらっしゃい』って言われたらどうしようと思ってた」と打ち明けた上で「でも本当は、探れば探るほど似てる2人が出てきたりするじゃん」と語った。

 2人のデートは遊園地やキャンプなど、アクティブな内容のものも多かった。だが、さとうは嫌な顔をするどころか、そのすべてを心から楽しんでいる様子だった。野村はそれがとても嬉しかったようで「やること全部喜んでくれるじゃん」と言い、「本当にほなみんで良かったなと思ったね」としみじみ。そして、野村が「良い夫婦生活だったね」と振り返ると、さとうも「良かったね」と一言。その顔には、間近に迫った別れへの寂しさがにじみ出ていた。

野村周平「結婚相手がほなみんで良かった」別れへの寂しさが募り…『私たち結婚しました』最終回

 バイクに乗りながら、思い出を振り返る場面もあった。さとうが「もうすぐ終わっちゃうよ。何が一番楽しかった?」と尋ねると、野村は「何が一番楽しかったかって決められない」「どれも幸せだったね」としみじみ。さとうも1つに絞るのは難しいようで「自分で聞いといてなんだけど、私も決められないんだよね」と野村に同調。結婚生活の思い出1つ1つが、2人にとってかけがえのないものになったようだ。

野村周平「結婚相手がほなみんで良かった」別れへの寂しさが募り…『私たち結婚しました』最終回

 『私たち結婚しました』最終回は1週間無料配信中。両夫婦の未公開映像ならびに『私たち結婚しました』4話~9話はABEMAプレミアムにて配信している(第1~3話は無料配信中)。

野村周平「結婚相手がほなみんで良かった」別れへの寂しさが漂い…
野村周平「結婚相手がほなみんで良かった」別れへの寂しさが漂い…