堀田茜、白洲迅に「大好きでした」最後に伝えたストレートな愛の言葉『私たち結婚しました』最終回
番組をみる »

 9月10日(金)夜11時より、ABEMAのオリジナル恋愛番組『私たち結婚しました』の最終回が放送され、番組内で白洲迅と結婚生活を送ってきた堀田茜が、最終日に手紙を朗読。白洲への想いと感謝を、素直な言葉で伝えた。

▶動画:堀田茜、白洲迅に「大好きでした」最後に伝えた愛の言葉

『私たち結婚しました』とは

堀田茜、白洲迅に「大好きでした」最後に伝えたストレートな愛の言葉『私たち結婚しました』最終回

 『私たち結婚しました』は、韓国で2008年から約9年間レギュラー放送された大ヒット番組を、日本版にリメイクした結婚モキュメンタリー番組。野村周平とさとうほなみ、白洲迅と堀田茜、芸能人ペア2組の“結婚生活”に密着し、“理想の夫婦関係”を追い求めていく様子を映し出していく。スタジオでは千鳥のノブ、三浦翔平、河北麻友子がMCを務める。

ついに家を出る時が…「めちゃめちゃ寂しい」としんみり

  白洲と堀田に訪れた、夫婦生活最後の日。スープや麺から手作りしたラーメンを味わったり、プレゼントを交換し合ったり。楽しい夫婦の時間は、刻一刻と過ぎていった。一緒に漬けた梅酒を半分ずつに分けると、白洲は「めちゃめちゃ寂しいよ」としんみり。2人の間にしばし沈黙が流れる中、堀田がついに覚悟を決め「荷物まとめる?」と切り出すと、白洲も「行くか」とつぶやいた。

 そして2人は、同時に息を吹きかけてキャンドルを消し、家の外へ。白洲が「じゃあしめるよ」と宣言し、ドアを施錠すると、堀田は「もう帰ってくることはないんだ。切ない…」と寂しさを募らせた。2人そろって「ありがとうございました」と家に向かって一礼し、結婚生活もこれで終わりかと思われたその時、白洲が「今日の24時までまだ結婚生活終わってないから、花火しよう」と提案。堀田も「いいね!花火、大好き」と賛成し、最後に花火をすることになった。

堀田茜、白洲迅に「大好きでした」最後に伝えたストレートな愛の言葉『私たち結婚しました』最終回
堀田茜、白洲迅に「大好きでした」最後に伝えたストレートな愛の言葉『私たち結婚しました』最終回

最後は花火で締めくくり、堀田が白洲に宛てた手紙も披露

 まずは噴出花火に火をつけ、「いいねぇ」「夏だぁ」と笑顔を弾けさせた2人。その後も手持ち花火を行い、夫婦の時間を最後まで楽しんだ。花火のシーンでは、堀田が白洲に宛てて書いた、手紙の内容も披露された。家を出る前に、2人は手紙を朗読し合っていたのだった。手紙の中で堀田は「今思えば初めての日の観覧車での距離感が笑っちゃうくらい、こんな短期間でも何でも話したし、色んな楽しい時間を過ごしたよね」と、白洲と過ごした日々を回想。さらに「迅くんじゃなければ、ここまで楽しく笑って過ごせなかったと思います。不器用なところ、さりげない優しさ、ちょっと抜けてるところが大好きでした」と、白洲の好きなところを列挙した。最後は「新婚旅行で連れて行ってくれた蛍の景色、ずっと忘れません。本当に素敵な時間をありがとう」と締めくくり、感謝を伝えていた。

堀田茜、白洲迅に「大好きでした」最後に伝えたストレートな愛の言葉『私たち結婚しました』最終回
堀田茜、白洲迅に「大好きでした」最後に伝えたストレートな愛の言葉『私たち結婚しました』最終回

 『私たち結婚しました』最終回は1週間無料配信中。両夫婦の未公開映像ならびに『私たち結婚しました』4話~9話はABEMAプレミアムにて配信している(第1~3話は無料配信中)。

堀田茜、白洲迅に「大好きでした」最後に伝えた愛の言葉
堀田茜、白洲迅に「大好きでした」最後に伝えた愛の言葉