走って回る翔猿に追いかける千代の国 まるで“追走劇”が話題 ファン「追いかけっこやん」「まさに猿回し」
番組をみる »

<大相撲九月場所>◇十一日目◇22日◇東京・両国国技館

 前頭十七枚目・千代の国(九重)と前頭八枚目・翔猿(追手風)の一番で、まるで追走劇を繰り広げるかのような一幕があった。珍しい光景に、視聴者からは「追いかけっこやん」「トムとジェリーみたい」といった声が寄せられた。

【動画】くるくる回る翔猿と追いかける千代の国

 立ち合い正面からぶつかり合った両者。千代の国が激しい突っ張りで攻めた後にいなすと、なかなか中に入れない翔猿はクルリと一回転。館内からは大きな歓声が沸き起こった。最後は翔猿が逃げるように土俵の外へと走り、追いかける千代の国が送り倒しを決めて勝ち星を挙げた。勝った千代の国は8勝目を挙げ、今場所勝ち越しを決めた。敗れた翔猿は7敗目。

 取組を受けて、ABEMAで解説を務めた元関脇・勢の春日山親方は「(翔猿の動きが)激しかったですね」と一言。続けて「千代の国が休まず次から次へと前に出たことが良かったと思います」と勝因を分析すると、「翔猿はもう何もできなかったですね。(千代の国に)隙がなかったです。いい相撲でした」と勝った千代の国に称賛の声を寄せた。

 機敏に動き回る翔猿と追いかける千代の国の追走劇のような光景に、視聴者からは「これは珍場面w」「追いかけっこやん」「まさに猿回し」「トムとジェリーみたい」といった声が続々と寄せられた。
(ABEMA/大相撲チャンネルより)
 

【動画】くるくる回る翔猿と追いかける千代の国
【動画】くるくる回る翔猿と追いかける千代の国
【動画】翔猿の軽い身のこなし
【動画】翔猿の軽い身のこなし
【動画】土俵際の“ハグ”
【動画】土俵際の“ハグ”