「音がエグい…」視聴者騒然! OFGマッチで“笑顔&狂気”の打撃戦 「ガチのケンカマッチ」の声も

 オープンフィンガーグローブで行われた一戦で、時折笑顔を浮かべながら殴り合う衝撃の光景に視聴者騒然。「音がエグい…」「ガチのケンカマッチ」など驚きの声が多数寄せられた。

【映像】「音がエグい」“狂気”の喧嘩マッチ

 9月23日に横浜・ぴあアリーナMMで行われた「Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA」で、山口裕人(山口道場)と稲石竜弥(Team OJ)が対戦、トリッキー攻防と無骨な打撃戦を制した山口が判定勝ちを収めた。

 RISEが今年5月の「RISE on ABEMA」で初導入されたOFG戦。グローブに比べて面積が狭く選手たちからも「ピンポイントで刺すような痛さ」との意見も出ている。山口はこの試合に対応すべくブロック方法など戦うスタイルも変更し、準備を重ねてきた。対戦する稲石は普段は営業職、戦いの場では奇抜な行動が売りの“変態キャラ”に豹変する。我流のファイトスタイルは何をしでかすか判らない独特の世界観を持った選手だ。

 1ラウンド、両者前のめりで殴り合う展開。開始10秒、山口が奇襲のバックブローを放てば稲石がミドルで応戦。これが効いた山口がフリーズする手に汗握る幕開け。その後、左右の重いミドルとトリッキーな動きで稲石が試合を支配していく。

 一方、稲石の独特なフォームから繰り出される攻撃にやや困惑ぎみの山口。稲石のミドルをモロに受けながらも、身を挺して徐々に距離を潰して打ち合う展開だ。ラウンド残り1分、稲石のバックブローをかわした山口が返す刀で、バックブロー。「バコッ」と鈍い音とともに、稲石が腰から砕けてダウンを喫した。

 明らかに効いているが、指を立ててニヤリと“大丈夫”アピールも…薄いグローブで殴られた衝撃か、目はやや虚ろだ。試合再開後、山口が一気にコーナーに相手を追い込みパンチの連打で試合を決めにかかると、ボディを被弾した稲石が2度目のダウンも、ここはラウンド終了のゴングに救われた。

「音がエグい…」視聴者騒然! OFGマッチで“笑顔&狂気”の打撃戦 「ガチのケンカマッチ」の声も

 2ラウンドに入ると、より至近距離での打ち合いが顕著に。前ラウンド後半劣勢だった稲石が息を吹き返すと、ラウンド中盤、稲石の奇策。腰をかがめながら酔っ払ったようなフォームでフックを振り回したかと思えば、今度は連続で高速バックブロー。しかし、後ろを向いて繰り出す変則バックブローを見切った山口がバックブローを合わせて応戦すると、さらに稲石が屈んで返すという奇妙な攻防が展開された。

 この様子にABEMAの視聴者からは「音がエグい…」「ゲームみたいな裏拳」「酔っぱらいのケンカみたいだ」「まるで須藤元気みたいだ」と反応が。ゲスト解説の中村寛からは「お互い楽しそうですよね。定期的に笑っている感じがする」といった予想外のコメントまで飛び出す始末だ。

 最終3ラウンドまで“ほぼ”ノンストップで殴り合った両者。結果は2度のダウンを奪った山口が3-0で判定勝利。一夜明け会見で顔中アザだらけの山口は、開口一番「起きたときは体が痛くて起きれなかったです。体が痛い…」とボヤきモード。試合については「めっちゃ効いてるのに、自分で頑張って耐えたなと思いました」と述べ、痛みに耐えて掴んだ勝利を噛み締めていた。

【映像】「音がエグい」“狂気”の喧嘩マッチ
【映像】「音がエグい」“狂気”の喧嘩マッチ