息子の優しさに“ほっこり” 運動会の予行演習で起きた心温まるエピソードに母「とても誇らしい」
番組をみる »

 親にとって子供の運動会の予行演習は、本番前とはいえ緊張するもの。そんな予行練習中に起きた子どもの“心温まる行動”が注目を集めている。

【映像】思わず“ほっこり”する息子の心温まる行動

 話題となっているのは、伯爵夫人(@countessofvvv)さんの息子(4歳)の行動。ある日、伯爵夫人さんの息子さんの通っている幼稚園で、予行演習が行われていた。その様子を投稿主含め15人くらいの保護者が、門越しにのぞき見していたという。

 徒競走の練習が始まり、息子さんが走っていると、前方の男の子の靴が脱げた。それに気づいた息子さんは、靴を拾いに行った。その様子を見ていた先生からアナウンスで「優しーい!優しい!ありがとう!優しい!!」と絶賛されながらゴールした息子さん。

 伯爵夫人さんは、そのエピソードをTwitterに投稿。ツイートを見た人から「優しさと気遣いでは1番」「特別賞あげたい」「真のスポーツマンシップだね」と絶賛の声が多数寄せられ、約4万の“いいね”を記録した(※数字は10月15日14時のデータ)。

息子の優しさに“ほっこり” 運動会の予行演習で起きた心温まるエピソードに母「とても誇らしい」

 ニュース番組『ABEMAヒルズ』は、投稿主である伯爵夫人さんを取材。当時の状況について「私は予行演習を門の近くから保護者数人とこっそり見ていました。息子が靴を拾いに戻ったときは『そのまま走っていいのに』と一瞬思いましたが、優しい息子らしいなとも思いました」とコメント。

 続けて「見ていた周りのお母さん達からも、“優しい”“感動した”など言っていただき、母親としてとても誇らしい気持ちになりました。家でパパと一緒にたくさん息子を褒めると本人は嬉しそうでした」と教えてくれた。また、今後の息子さんについて「これからも息子の良いところを守って、伸ばしていけるように、子育てを頑張ろうと改めて思いました」と決意を新たにしていた。(『ABEMAヒルズ』より)

運動会練習で魅せた息子の優しさ
運動会練習で魅せた息子の優しさ