シャレかもしれない?感謝されているはずが…全く逆の意味に見える“恐い封筒”に投稿主「二度見した」
番組をみる »

 お世話になった知人やビジネスの場などで、相手への感謝を示す際にわたす「謝礼」。そんな謝礼の封筒に関する“ある投稿”がTwitter上で話題を集めている。

【映像】投稿に寄せられた爆笑&共感のコメント

 投稿主のむえ(@jintai_mi)さんは「『謝れ』かと思った」とコメントを添え、「謝礼」と書かれた茶封筒の写真をTwitterに投稿。写真を見てみると、書体が崩れた「礼」の文字が、ひらがなの「れ」のように見える。本来、感謝の意味を込めて送るはずの「謝礼」だが、まるで「謝れ」と謝罪を促しているようだ。

 ツイートを見た人からは「おもろすぎwww」「達筆w」「良いことしたのに謝らされてて草」と爆笑する声のほか、「そうとしか見えなくなった」「シャレかもしれない」といったさまざまなコメントが殺到。投稿には20万件超の“いいね”が寄せられ、大反響となっている(※数字は10月18日14時のデータ)。

 ニュース番組「ABEMAヒルズ」は、むえさんを取材。この封筒は、むえさんの父が近所の方のお手伝いで感謝されてもらったものだという。

 封筒を見つけた時の状況を振り返り、「(封筒が)机の上に置かれていたため、視界の端に『謝れ』が飛び込んできて二度見しました」と教えてくれた。ちなみに、ご両親は問題なく「謝礼」と読めていたそうだ。

 むえさんは、投稿の反響に驚きつつも「両親にも面白がってもらって嬉しかったです」と喜びを明かした。(『ABEMAヒルズ』より)

【映像】シャレにならない!? ビックリな封筒とは
【映像】シャレにならない!? ビックリな封筒とは
【映像】次から次へとやってくる?“手ごわい刺客”が話題
【映像】次から次へとやってくる?“手ごわい刺客”が話題