羽田空港も本腰 “国内アート”盛り上げるには? 元欅坂46佐藤詩織「もっと作品を見てもらえる機会を」
番組をみる »

 今月1日、“ある場所”で現代アートのオークションが開催されていた。

「草間彌生、かぼちゃ、1991年作です」
「2億5000万円で376番の方、落札です、おめでとうございます」

【映像】2億5000万円で落札された草間彌生さんの作品

 世界的な芸術家の草間彌生さんの作品には、なんと2億円を超える値が。他にも有名な芸術家の作品が次々と億超えの金額で入札されている。

 近年、世界的に熱気を帯びる「現代アート」。その市場規模は2020年で501億ドル、およそ5兆4720万円とも言われている(※The Art Basel&UBS調べ)。一方、国内のアートの市場規模は、その内の1%未満とされている。

 GDP世界3位の経済大国にも関わらず、国内市場は極めて小さく「世界から取り残されている」ともいわれる日本。今後どのようにマーケットを活性化していくのだろうか。課題が浮き彫りになる中、新しい取り組みも始まっている。

 実は先ほどのオークション、会場は羽田空港の第1ターミナルビルの中にあったのだ。なぜ空港でアートオークションが開かれていたのだろうか。その秘密は“関税”にあった。

 羽田未来総合研究所・河邊徹也社長補佐は「アート関係のオークションやアートフェアなど、ギャラリストが物の売買を自由にできるよう規制緩和をしました」と話す。

 通常、海外から何かを輸入する際に関税などがかかるが、貨物を一時的に保管する「保税エリア」では、関税を留保、つまり、“いったん不要”にできる。この関税に関する法律が去年から今年にかけて改正され、一部の保税エリアで美術品の売買ができるようになった。

 これまでは、海外にある10億円の絵画を日本のオークションで出品する場合、これまでは税率10%にあたる1億円をひとまず主催者などが納める必要があった。しかし、売れるかどうかわからない段階で高額な納税は、オークション開催の大きなハードルだった。

 今回、その壁をとりはらった国内初の「保税エリア」オークションが行われ、合計落札額はおよそ26億5000万円に。「国内のアートオークションで過去最高」とも言われ、話題になっている。

羽田空港も本腰 “国内アート”盛り上げるには? 元欅坂46佐藤詩織「もっと作品を見てもらえる機会を」

  規制緩和に起業家でアートコレクター歴10年の川崎祐一さんは「日本で国際的なオークションハウス、アートフェアが増えてくるのを期待したい」と胸を弾ませる。

「やはり最近、東京オリンピックもあって、日本は注目されていると思う。こういう(今回のような)大きなオークションで、結果が間違いなく世界に流れるわけですから、そういったものを積み重ねることによって、日本で国際的なオークションハウスやアートフェアをやりたい人や国が増えてくることを期待したいなと思っています」

羽田空港も本腰 “国内アート”盛り上げるには? 元欅坂46佐藤詩織「もっと作品を見てもらえる機会を」

 その上で、川崎さんは、今後国内のアートマーケットを拡大するためには税制の改正が重要だと語る。

「海外ですと、例えば、アートコレクターのお父さんが亡くなられて、コレクションしていたアート作品をご遺族の方が美術館に寄贈することによって、相続税が免除されたりとか、そういう動きがあります。でも、日本はそういう税制、特に相続においては、まだまだ弱いのかなと思います。あと、キャピタルゲインというのですが、アートを売却して、得た利益に対する税金が、日本は総合課税になってしまうんですよね。なので、給与所得などに通算されてしまう。海外ですと分離課税になっているので、アートをコレクションしていきにくいような環境になってしまっていると思います」

 また、航空需要が低迷する中、羽田空港は、この「アートオークション」を新たな集客の柱にしたいと考えている。前述の羽田未来総合研究所の河邊さんによると「(アート市場は)アジアでみると香港を中心にだいたい2割くらいマーケットがあります」という。

羽田空港も本腰 “国内アート”盛り上げるには? 元欅坂46佐藤詩織「もっと作品を見てもらえる機会を」

 「アジアのマーケットを考えると、ポテンシャルとして、日本もその20%に近づいていくような努力ができると思います。羽田空港は今まで通過する場所、空の港、駅でしたが、やはり羽田空港の利点を活かして、滞在して体験していただくような場所として、新しい発信をどんどんしていこうと思います」

 人気アイドルグループ欅坂46(現・櫻坂46)に在籍中、自身の作品が二科展に入賞し、現在はフリーの芸術家として活動する佐藤詩織も「コロナ禍によって生活様式が変わり、アートに興味持ってくれる人が増えたように思います。アートを生活に取り入れることで心が安らいだり、“おうち時間”が充実したり、税制改革によってなかなか市場に流れてこない絵画が日本に来てくれるのは良いこと」とコメント。その上で「アートだけで生計を立てられる人はごくわずか」と芸術家の現状に言及する。

羽田空港も本腰 “国内アート”盛り上げるには? 元欅坂46佐藤詩織「もっと作品を見てもらえる機会を」

「私が大学でグラフィックデザインを学んでいたときは、広告代理店やデザイン会社に就職する同級生が多く、職業として『進路が大変』という人は少なかったです。でも、油絵学科だとアート活動のためにアルバイトを続けている人もいて、なかなか絵画一本で生計を立てていくのは厳しい現実があります」

 では、美術大学に進学した学生は「稼ぎ方」 をどう学んでいるのか。

「稼ぎ方は授業で学ぶというより、同じ道に進んだ先輩や知り合いなど、横のつながりから情報を得る人が多かったです。私も今年8月に個展を開催して、実際に自分が描いた原画を販売する機会がありました。その個展では、自分の絵を初めて販売したのですが、自分の作品に値段をつける作業はとても難しく、同じ美大の友達にどれくらいの値段で販売したのか聞きましたし、見ている人に思いが伝わるのかどうか、かなり悩みました。今後はNFT(※偽造が不可能な所有証明書付きのデジタルデータ)など、ネットで絵を売ることができるサービスが充実して、絵画で生計を立てていきたい人が、もっと作品をいろいろな人に見てもらえるような機会が増えたらいいなと思います」(『ABEMAヒルズ』より)

ABEMAヒルズ【平日ひる12時〜生放送】 - 最新NEWS - なぜ?羽田空港でアートオークション? (ニュース) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
【映像】“国内アート”盛り上げるには? 佐藤詩織が生出演
ABEMA
ABEMAヒルズ【平日ひる12時〜生放送】 - アベヒル企画 - 拷問と虐待..."9.11容疑者"手記を映画化 (ニュース) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
【映像】「まさに悪夢だった」裁判も開かれず、証拠もないまま…“9.11容疑者”手記を映画化
ABEMA
ABEMAヒルズ【平日ひる12時〜生放送】 - 最新NEWS - 日本の畳が「007」の新作に登場? (ニュース) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
【映像】日本の畳が映画「007」の新作に登場してるって知ってた? 森田畳店を取材
ABEMA