忙しい母が息子に言い続けた“可愛らしいお願い”に称賛の嵐「凄い発明!」「ユーモアが家庭を救う」
番組をみる »

 「ちょっと待ってて!」……忙しくて構ってあげられないとき、子供にそうお願いする人もいるはず。Twitterでは、母が息子に言った“可愛らしいお願い”が反響を呼んでいる。

【映像】「なんで踊ってるんだろう?」我に返る息子にかけた母の一言

 投稿主のねこのこ(@nekonoko_konoko)さんは、家事などで忙しくて構ってあげられないとき、息子(4歳)に「ちょっと待ってて!」と言う代わりに「ちょっと踊ってて!」とお願いしていた。これを3年言い続けた結果、ねこのこさんが忙しそうにしていると「ぼく、ちょっと踊っとくね」と息子は自ら踊るようになったという。

 ねこのこさんがこの出来事をTwitterで紹介すると、「可愛すぎる~」「こういうユーモアが家庭を救う…!!」「凄い発明!待っててよりずっとわかりやすいし楽しい」「うちもそれやってみます!」といった称賛と共感のコメントが寄せられ、投稿には3万件近くの“いいね”が押されている(※数字は10月25日15時のデータ)。

忙しい母が息子に言い続けた“可愛らしいお願い”に称賛の嵐「凄い発明!」「ユーモアが家庭を救う」

 ニュース番組「ABEMAヒルズ」は、ねこのこさんを取材。息子に「踊ってて!」とお願いしていた理由については「『待ってて』と言うのに抵抗がありました。『やることを具体的に指示した方が本人にも良いかな?』と思い、とりあえず踊るよう言ったら楽しそうだったので、踊ってもらってます」と説明。

 たまに我に返るのか、息子に『なんでぼく踊ってるんだろう?』と聞かれるそうだが、ねこのこさんは「ねー」「楽しいねぇ」と華麗に流しているという。

 また「いつか大きくなったら、息子にこのツイートを見せてあげたいです」との考えを明かしている。(『ABEMAヒルズ』より)

【映像】「踊ってて!」と息子に言い続けて3年経った結果
【映像】「踊ってて!」と息子に言い続けて3年経った結果
【映像】「ライオンキング」にハマった4歳児の行動にポカーン
【映像】「ライオンキング」にハマった4歳児の行動にポカーン