えなこ、エリートスキン衣装で“美くびれ”披露「細部にこだわった」
番組をみる »

 国内最大級のeスポーツ大会『レインボーシックス JAPAN CHAMPIONSHIP 2021』が30日、都内で行われ、人気コスプレーヤーのえなこ(27)、DJ松永(31)とR-指定(30)によるヒップホップユニット・Creepy Nutsが登場した。

【映像】えなこがくびれを披露

 このeスポーツのイベントは、チーム戦のシューティングゲーム『レインボーシックス シージ』でトップを争う全12チームが集い1位を決める大会。えなこは、この大会のために新調したというゲーム内に登場するキャラクター・トッケビのエリートスキン衣装のコスプレ姿を披露した。

 こだわりポイントについて「トッケビのエリートスキンという衣装のコスプレなんですけれど、あの実は、靴のガジェットの所だったり、さらにちょっと隠れちゃっているんですけれど、こういった衣装の一部だったり、後はリュックですね、このキャラクターのプリントがされているので、すごく細部にこだわって作っていただいた衣装で、とてもお気に入りです」と明かした。

えなこ、エリートスキン衣装で“美くびれ”披露「細部にこだわった」

 大会公式ソングに起用されたCreepy Nutsの2人は、チームで戦うゲームにちなみ、チームワークを意識する瞬間について聞かれると、R-指定は「一番大事なチームワークは、お互いがミスした時ですよね。俺がラップの歌詞を間違える、松永さんがDJちょっと間違えるなどがあった時に必要以上に責めすぎない。間違えたぞという空気を横のやつが出さないというチームワークはすごく大事にしています」と回答。すると、DJ松永は「俺はお前がミスるとすごく嬉しいけどね」とまさかのコメントをした。

 続けて、DJ松永は「完璧、評価高いやつが1個ミスすると、上のやつが下がることで自分がとんとんになるみたいな感覚を得られるので、Rさんがミスればミスるほど何か俺得点、加点している1機増えたみたいな気持ちになる」と力説し、R-指定も「俺も全く一緒、だから1機増えたから、全然堂々とミスを恐れずにプレーできる。低めあってます」と笑い飛ばした。(『ABEMA NEWS』より)

えなこ eスポーツ大会でくびれ披露
えなこ eスポーツ大会でくびれ披露
えなこ コスプレの原点と表現者の夢
えなこ コスプレの原点と表現者の夢
えなこが魔王役で出演「おとなの防具屋さんII」
えなこが魔王役で出演「おとなの防具屋さんII」
「史上最高ナチュラル」えなこ、“コスプレなし”写真集に込めた思いを明かす