踏んだのはベースじゃなく投手の足!危ないクロスプレーにファン心配「大丈夫か!?」
番組をみる »

【米大リーグ】アストロズ0-7ブレーブス(日本時間3日/ヒューストン)

 米大リーグのワールドシリーズ第6戦が行われ、ブレーブスがアストロズを7-0で下し1995年以来26年ぶりとなる頂点に立った。ブレーブスは先発のエース、マックス・フリードが好投を見せたが、1回にいきなり守備でバッターランナーと交錯し足を踏まれるアクシデントがあった。

【動画】足を激しく踏まれたフリード

 3勝2敗とワールドシリーズ制覇まであと1勝としていたブレーブスは、今季の開幕投手でシーズン14勝をあげたエース・フリードが先発マウンドに立った。レギュラーシーズン終盤はまさに無双の活躍を見せていたフリードだったが、ポストシーズンに入ってからはその調子は鳴りをひそめ、ワールドシリーズ第2戦でも5回5失点で敗戦投手となっていた。この試合も1回に先頭のアストロズ・アルトゥーベに内野安打を許す立ち上がり。続くブラントリーをファーストゴロに打ち取るも、一塁ベースカバーに入ったフリードがうまくベースを踏むことができずにセーフとしてしまう(記録はフリードのエラー)。しかし、塁審のアウトのコールにフリードは何かを言ってアピールする。判定は覆らなかったが、リプレーを見ると、ベースに向かって伸ばしたフリードの右足首を、バッターランナーがもろに踏みつけていたことがわかった。

 ベースではなく、その手前で足を踏んで走り抜けたにもかかわらずセーフとなったプレーに対し、コメント欄でも「ランナーベース踏んでない」「ベース踏んだ?」「てか一塁アウトやろ」と異論が噴出。しかし、それ以上にがっつり足首を上から踏まれているのがリプレー映像で何度も繰り返されるフリードに対し、「いてぇええ」「大丈夫?」「大事故やん」「右足心配だね」と案ずる声が多く上がった。

 トレーナーもベンチから出てきてフリードの状態を確認するが、結局フリードは続投。しかも、直後のバッターを空振り三振に打ち取ると、続くバッターを内野ゴロ、そして最後は97マイル、98マイル(158キロ)の球を連発して三振を奪う渾身の投球でピンチを脱した。

 このプレーでアドレナリンがみなぎったのか、フリードはこの後も気迫のピッチングを見せ、2回から6回までアストロズの攻撃を3人ずつで片付ける。終わってみれば、6回を無失点に抑える圧巻の投球で世界一を大きく手繰り寄せることになった。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】足を激しく踏まれたフリード
【動画】足を激しく踏まれたフリード
【動画】世界一を手繰り寄せたソレアの場外弾
【動画】世界一を手繰り寄せたソレアの場外弾
SPOZONE
SPOZONE
SPOZONE