世紀の大発見!? 子どもの寝かしつけで“親が眠らない方法”が話題 「逆転の発想」
番組をみる »

 子どもを寝かしつけていると、ついつい寝落ちしてしまう親もいるはず。そんな寝かしつけの寝落ちを防ぐ“画期的な方法”が話題を呼んでいる。

【映像】子どもを寝かしつける“画期的な方法”

 注目を集めているのは、あべべーべ・べーべべ(@extrahot718)さんの取った行動。あべさんは、息子を寝かしつける際、“トントン”しているという。その途中で寝落ちしてしまうことがあるため、ある日の晩、あべさんは対策として、息子に自分を“トントン”してもらうことにした。すると、息子は1分後に爆睡していた。

 あべさんは、このエピソードをTwitterに投稿。ツイートを見た人から「逆転の発想だ!」「世紀の大発見」「試してみます」「トントンがつまらなくて寝ちゃうのは全人類一緒なんですねw」「何回かトントンしてもらったことがあるのですが『疲れた』と言われ終了されダメでした」など様々な反響が寄せられ、約7万の“いいね”を記録した(※数字は11月4日14時のデータ)。

 ニュース番組『ABEMAヒルズ』は、あべさんを取材。息子の寝つきについて「日によって異なります。たくさん体を動かして遊んで、一瞬で寝てくれる日もありますし、逆に1時間経っても寝てくれない日もあります」と教えてくれた。寝落ちについて「(トントンで寝てしまうのは)私(父)だけで妻が寝落ちすることはありません」と明かした。

 また、“逆トントン”については「昨晩も(息子に)お願いしたのですが、数分後に眠りに落ちていました」と実用性をアピールしていた。(『ABEMAヒルズ』より)
 

"トントン革命"世紀の大発見!?
"トントン革命"世紀の大発見!?
活舌が悪いティラノさんの電話
活舌が悪いティラノさんの電話
「ズボラあるある」で語りませんか?
「ズボラあるある」で語りませんか?
牛も同伴OK!? お店のユニークな“ポスター”が話題 投稿主「1頭なら入りそう」