“ミスマガジンGP”和泉芳怜、表紙の撮影はポーズに苦戦「体がすごくかたくて」
番組出演の映像を見る »

 10月に発表された「ミスマガジン2021」で、グランプリに選ばれた和泉芳怜(いずみ・かれん)。「笑顔」がチャームポイントの、17歳の現役高校生だ。

 「ミスマガジン」は1982年から始まった歴史あるミスコンで、過去には中川翔子倉科カナ衛藤美彩などを輩出している人気者への登竜門。そして早速、和泉は15日発売の『週刊ヤングマガジン』で表紙を飾っている。

【映像】『週刊ヤングマガジン』撮影の様子(3:02~)

 ミスマガジンのコンテスト期間中はどのような心境だったのか。そもそも目指したきっかけは? 『ABEMA Morning』では様々な質問をぶつけた。

Q.グランプリに選ばれた瞬間はどんな心境だった?
 私がなにかで賞を獲ったことがなかったので、「本当に自分が?」っていうびっくりはあったんですけど。頑張ったなと思いました(笑)。いろんな審査があって、はがきでの投票だったり配信だったりがあったんですけど、2週間ずっと頑張りました。

Q.コンテストを通して「ハマったな」と思った瞬間はあった?
 配信をすごく頑張ったんですけど、「見ながら泣いてる」って言ってくれた方がいて。すごい頑張ってよかったって思いました。

Q.グランプリを獲ってからの反響は?
 すごいたくさんの方に私のことを知っていただけて。オーディションを受けた時から(SNSの)フォロワーさんが3倍になりました。朝起きて見たら1万3000人ぴったりでした(笑)。

“ミスマガジンGP”和泉芳怜、表紙の撮影はポーズに苦戦「体がすごくかたくて」

Q.『週刊ヤングマガジン』の表紙の撮影はどうだった?
 沖縄に行って撮影をしたんですけど、私すごく暑さに弱いので、25度ぐらいまでしか耐えられないんですけど。この日も30度近くあって、汗かかないように、顔赤くならないように。頑張りようがないんですが、頑張りました(笑)。

Q.撮影の時に大変だったことは?
 私体がすごくかたくて。でも、きれいに見えるようにポーズとか、「もうこんな…無理だ!」みたいな(笑)。

Q.移動中はトラブルが起きがち?
 家を出てバスに乗ろうとしたら、鳥のフンが落ちてきたり……(笑)。バスが来て乗ろうとしたら私に落ちたんですよ。バスの運転手さんも「あっ、乗れないね」みたいな。頭と顔に落ちたので乗れなかったことがあります。

 あとこの前もPASMOが、(持って)髪を直したら服の中に入っちゃって、「すいません、乗れません」っていう。しかも、毎回同じバスなので、もしかしたらバスに何かあるのかなと思いました(笑)。

“ミスマガジンGP”和泉芳怜、表紙の撮影はポーズに苦戦「体がすごくかたくて」

Q.好き嫌いがはっきりしている?
 私すごく好きか・嫌いなものが多くて、普通が少ないタイプで。フルーツが特に好き嫌いがすごいんですよ。みかんとかの柑橘系とか、いちごがあまり得意じゃないんですけど、バナナが大好きなんです。

Q.アイドルグループにも所属していると。
 「PiXMiX」という5人組のアイドルグループなんですけど。個性という意味の「Pixel」を「Mix」したという意味のグループです。今高校生だったり大学生だったりのメンバーで、私はアニメとか2次元が大好きなので「アニオタ」ポジションです。

Q.好きなアニメは?
 私がミスマガジンを受けたきっかけが「マガジンが好き」という理由なので、マガジンの漫画やアニメが大好きです。

Q.将来の目標は?
 自分が大好きなのもあって、声優さんになりたいなと思っています。

(『ABEMA Morning』より)

内田理央“大胆”写真集ウラ話&20代の後悔
内田理央“大胆”写真集ウラ話&20代の後悔
日向坂46小坂菜緒 初写真集“ウラ話”
日向坂46小坂菜緒 初写真集“ウラ話”
三上悠亜 NFTオークション驚きの結果
三上悠亜 NFTオークション驚きの結果