弟の代わりに「本当にすみません!」 小学生の勇気ある行動に感心
弟の代わりに…小学生の勇気ある行動 »

 公園で偶然出会った家族とのやり取りを描いた漫画が、Instagramで話題になっている。

【映像】小さい弟の代わりに謝る姉(漫画)

 投稿主のもす(mosumanga30)さんは、「最近の若い子は…」という書き出しとともに、動物公園であった出来事を4コマの漫画にして紹介した。

 ある日、娘のみよちゃん(2)と外でお弁当を食べていたもすさん。すると、そこへ現れた男の子が飲み物を指差し、「じゅーちゅ」と一言。もすさんが「じゅーちゅ=ジュース」と気づいたタイミングで男の子の姉がやってきて、「これは君のじゃないの―!」と注意した。その後、男の子の母が「すいません。失礼しました」と謝ると、続けて小学生くらいのもう1人の姉も「本当にすみません!」と頭を下げた。

 こうした丁寧な態度に、もすさんは「最近の小学生ってこんな礼儀正しいの…?」と感心。自身の投稿にも「小学生のときのワイだったら絶対親の背後で親に同化してそのままフェードアウトしてる」とつづっていた。

 投稿を見た人からは「ワイもフェードアウトタイプ」と共感する声のほか、「親がしてる姿をマネしてるんだと 可愛いよね~」「我が子には通じてな~い!どこに差がぁ~??」といったさまざまなコメントが寄せられている。

弟の代わりに「本当にすみません!」 小学生の勇気ある行動に感心

 ニュース番組「ABEMAヒルズ」では、もすさんを取材。動物公園で出会った「じゅーちゅ」と言ってきた子どもは1歳半前後の男の子、「すみません!」と謝ってくれたお姉ちゃんは小学3~4年生くらいだったという。

 公園での状況を振り返り、「挨拶をする子がいい子で、しない子が悪い子ってわけではないですが、自分が子どもだったら交流のない大人に話しかけるのってすごく勇気がいることだなぁと思っていたので、それが出来るってスゴイ家族だなぁ~と感心しちゃいました」と話している。(『ABEMAヒルズ』より)

弟の代わりに「すみません!」 小学生の勇気ある行動(漫画)
弟の代わりに「すみません!」 小学生の勇気ある行動(漫画)
母性本能をくすぐる!? “手作りブローチ”
母性本能をくすぐる!? “手作りブローチ”
トイレに行きたいだけなのに…駅員が勘違いした理由
トイレに行きたいだけなのに…駅員が勘違いした理由