「今日は一段と傑作」「何があったらこうなるの笑」 “うちの犬、作画崩壊がひどすぎる”な1枚に反響
“うちの犬、作画崩壊がひどすぎる” »

 白菜を嬉しそうに食べているのは、イングリッシュセッターの「麦」ちゃん。推定年齢2歳半になる女の子だ。

【映像】「麦」ちゃん、“作画崩壊”の過程

 飼い主(みのかささん/Twitter:@inekaratukutta)によると、麦ちゃんはなんでもおいしく食べるほか、人にべったりくっついて寝るなど甘えん坊。遊ぶことが好きで、普段からテンションが高いのだという。

 そんな麦ちゃん、テンションが上がりすぎて、たびたび驚きの姿を見せている。それが次の写真。「今日のうちの犬、作画崩壊がひどすぎるんだけど」とTwitterにつぶやかれた1枚には、顔がすごいことになっている麦ちゃんの姿が。

「今日は一段と傑作」「何があったらこうなるの笑」 “うちの犬、作画崩壊がひどすぎる”な1枚に反響

 この時、麦ちゃんは穴を掘っており、エキサイトしているところだったという。この投稿には16万件の“いいね”が付いたほか、麦ちゃんの姿に「今日は一段と傑作ですね」「歌舞伎の見栄を切ってるみたいですね」「何があったらこうなるの笑」などとの声が殺到している。

 過去にも「たぶんうちの犬、バイオハザードに出てたと思う」という投稿写真が話題になった麦ちゃん。飼い主は、「普段は本当にかわいい顔をしているのですが、よく面白い顔になってしまいます。お顔が崩れる時はテンションうなぎ上りのことが多いです」とコメントしている。(『ABEMA Morning』より)

“うちの犬、バイオハザードに出てたと思う”投稿写真に反響
“うちの犬、バイオハザードに出てたと思う”投稿写真に反響
“高み”を目指すストイックな柴犬
“高み”を目指すストイックな柴犬
「絶対歩きたくない」柴犬と飼い主の戦い
「絶対歩きたくない」柴犬と飼い主の戦い
静寂を切り裂くコーギーの“くしゃみ”
静寂を切り裂くコーギーの“くしゃみ”