TAIGA、ウーバーイーツで配達先にいた芸能人とは?偶然の屈辱体験にかまいたち山内が本気の涙「悲しすぎる」
番組をみる »

 12月27日(月)、ABEMAにて、人気お笑いコンビ・かまいたち山内健司濱家隆一がMCを務める冠番組「ぜにいたち」#9が、90分拡大年末SPとして放送。ピン芸人・TAIGAが困窮タレントとして出演した際に出されたカンペに、山内が本気の涙を流した。

【動画】TAIGA、ウーバーイーツで配達先にいた芸能人とは?

 今回は、金の無い貧乏タレントたちにチャンスを与える「同情するなら金をくれ」選手権を開催。芸歴23年目のTAIGAはかまいたちにとって大先輩で、山内は「めちゃくちゃ面白くて、番組に来てもらおうとしてた」「別の番組にTAIGAさん出ていたから、これで売れてまうわと思ったら、売れなかった」と失礼全開で明かした。

 TAIGAは芸人ら間で絶大な信頼を受けており、オードリー、ぺこぱカズレーザーらが、TAIGAの的確なアドバイスで次々とスターダムへ。しかし彼らがどんどん売れていく中、TAIGAは自分だけがいつまでも売れないという切ない状況に。

 現在の収入源のほとんどが、ウーバーイーツのアルバイト。平均月収は12万~15万円平均で、3歳になる息子の保育園の送り迎えや風呂の世話などをしながら、一家の大黒柱として暮らしている。

TAIGA、ウーバーイーツで配達先にいた芸能人とは?偶然の屈辱体験にかまいたち山内が本気の涙「悲しすぎる」

 VTRの中には、ボロボロの子供服や破れた障子、ボタンの取れたリモコンなど、貧乏を象徴するアイテムが続々登場。自身も子を持つ濱家は「泣ける……」とつぶやいた。

 そんなTAIGAがいよいよ「同情するなら金をくれ」選手権へ。しかし、山内は「笑えるかな……」と不安を口に。出されたカンペを見て、「笑える自信がないんですけど」と、突然涙を浮かべた。

 カンペには「濱家『TAIGAさんはウーバーイーツの配達中にある屈辱的な体験をしたそうで、』」と書かれており、山内はそのカンペの内容にフライング気味にガチ泣き。

TAIGA、ウーバーイーツで配達先にいた芸能人とは?偶然の屈辱体験にかまいたち山内が本気の涙「悲しすぎる」

 TAIGAはウーバーイーツ中のバイト風景を熱演。「508……ここか」とつぶやきチャイムを押すと、なんと部屋から出てきたのはカズレーザーだった。配達先は、カズレーザーが後輩たちと暮らしているマンションの一室。TAIGAは「カズ?」とつぶやいた。

TAIGA、ウーバーイーツで配達先にいた芸能人とは?偶然の屈辱体験にかまいたち山内が本気の涙「悲しすぎる」

 カズレーザーは「TAIGAさんですか!?」と笑顔。後輩たちもバイト中のTAIGAを見ようと家から出て来てしまった。カズレーザーは「早めにバイト切り上げて、一緒に食べませんか?」とTAIGAを誘った。

 TAIGAはカズレーザーと目を合わせることができず、「まだバイト残ってるから」と立ち去ろうとした。するとカズレーザーは「俺……TAIGAさんは絶対に売れると思ってますから。一緒に頑張りましょう」「バイトがんばってください」と悪気なくエール。山内はTAIGAのみじめな気持ちを感じ取りつつも、「カズさんは悪くない」とカズレーザーをフォローした。

 TAIGAは「俺だってバイトなんかやりたくない。あちこちでみじめな思いして……」と本音。「嫁は、絶対売れるって、ずっと信じてくれてたんだよ。俺、間違ってなかったって証明してやりたい」と徐々に演技のボルテージを高め、「同情するなら、金をくれーーー!!」と絶叫していた。

TAIGA、ウーバーイーツで配達先にいた芸能人とは?偶然の屈辱体験にかまいたち山内が本気の涙「悲しすぎる」
【90分SP】山内マンション1棟購入&同情するなら金をくれ選手権
【90分SP】山内マンション1棟購入&同情するなら金をくれ選手権
ぜにいたち
ぜにいたち