フィッシャーズ、地上波特番収録でいきなりYouTube撮影開始「信じられない光景」とスタッフ驚き
番組をみる »

 『ナスD大冒険TV年末4時間半SP 無人島で2泊3日0円生活』で人気YouTuberグループ・フィッシャーズが無人島に到着した途端にYouTube動画の撮影を開始し、番組スタッフが「信じられない光景」と表現する場面があった。

 チャンネル登録者約700万人、動画の総再生回数は130億回超えを誇るフィッシャーズ。メンバーのひとりで、会社員でもあるダーマは仕事の都合で今回参加することができなかったが、シルクロード、ザカオ、マサイ、モトキ、ンダホの5名で参戦することとなった。

【動画】フィッシャーズが無人島0円生活に挑戦した様子

フィッシャーズ、地上波特番収録でいきなりYouTube撮影開始「信じられない光景」とスタッフ驚き

 フィッシャーズが無人島0円生活に挑むのは今回が始めて。彼らは無人島に到着し、拠点を見つけると、早速YouTube撮影を行うことに。メンバーがカバンの中に収納していた機材を次々に取り出すと、ロケに帯同していたナスDは「今までの“無人島0円生活”では信じられない光景ですね。出演者がいきなりカメラを持ち出して撮影をするなんて」とコメントしていた。しかし彼らは無人島から帰った時のことも考えて、撮影も行うのだ。

フィッシャーズ、地上波特番収録でいきなりYouTube撮影開始「信じられない光景」とスタッフ驚き

 この日はフィッシャーズの人気企画の一つである「鬼ごっこ」を撮影することに。1時間ほど撮影を行い、ここからようやくフィッシャーズの『無人島で2泊3日0円生活』がスタートした。ンダホは「長年、視聴者としてこの無人島生活の映像は見てきたので、今はワクワクしていますね」と期待に胸を膨らませていた。

 果たして、フィッシャーズはどんな無人島生活を送ったのかーー。気になる人はABEMAでチェックしてみよう。(ABEMA『ナスD大冒険TV年末4時間半SP』より)

ナスD大冒険TV
ナスD大冒険TV
年末4時間半SP!フィッシャーズが無人島0円生活に初挑戦
ナスD大冒険TV(ABEMA限定コンテンツ)
ナスD大冒険TV(ABEMA限定コンテンツ)
2泊3日無人島0円生活に挑んだフィッシャーズ。本編では収まりきらなかった、こぼれ話をお届け