ひろゆき、亀田兄弟にディベート対決でまさかの連敗「大毅さん強かった」
番組をみる »

 2日、ABEMAテレビ朝日が共同制作する新バラエティー枠『ネオバズ!~BUZZる!ネオバラ~』(以下『ネオバズ!』)にて『マッドマックスTV』の第25回が地上波で放送された。

 2022年一発目の放送ということで、『2022年こそマジでひろゆきを論破させちゃうぞSP』が開幕。新年の幕開けにふさわしい論破王・ひろゆきの対戦相手として、ボクシング元世界チャンピオンの亀田興毅・大毅兄弟が登場。前半戦では興毅の圧勝となり、続く後半戦も大毅が勝利。まさかの亀田兄弟が大金星をあげた。

【動画】亀田兄弟がひろゆきをディベート対決で打ち負かす様子(45分頃~)

ひろゆき、亀田兄弟にディベート対決でまさかの連敗「大毅さん強かった」

 亀田兄弟によるテーマは『試合前の過激なパフォーマンスはアリ or ナシ』。前半戦の興毅がアリの立場だったので、大毅はナシの立場でひろゆきに挑む。

 開始早々大毅は、過去に自身のパフォーマンスのせいで苦しい思いをしてきたとし、「18歳の時に内藤選手とやって言ってはいけないことも言いました。僕は本当に今も後悔していますし、パフォーマンスをやらなければ良かった」と説明。するとスタジオメンバーは「めちゃくちゃおもろいやん!」と爆笑した。

ひろゆき、亀田兄弟にディベート対決でまさかの連敗「大毅さん強かった」

 ひろゆきは前半戦の兄・興毅のディベートを例えに出し、「大毅さんの場合は実力がなかった?」と煽ると、大毅は「3兄弟で1番強いのは僕」と訂正するも、「パフォーマンスのせいで『あいつは歌を歌う奴だ』って。亀田家に生まれてなかったら最強のボクサーになってました。メイウェザーと戦って100億円もらっていた自信はあります」と、当番組で『亀田式カラオケ』に登場しているにもかかわらず、強気なコメントを披露。

 ひろゆきが「実力はあるけど内藤さんに負けた?」と切り込むと、大毅は「パフォーマンスのせいで負けた」と強調した。

ひろゆき、亀田兄弟にディベート対決でまさかの連敗「大毅さん強かった」

 「メイウェザーに勝てたというのは根拠ないんじゃないかな」というひろゆきの疑問に対し、大毅は「天才ですもん!」と迷いなく回答。ひろゆきが「口先だけで『俺、本気出したら全然勝てるよ』って人世の中にいっぱいいる」と話すと、大毅は「僕、ほとんど練習しなくて2階級チャンピオンになりましたから。練習してたら4階級」と断言。

 そして大毅はその後の口撃にも屈せず、それどころか、「僕、相当練習してないんで。ほとんどカラオケボックスにいました」とまさかの告白。スタジオメンバーは「ディベートに魂売った!」と大盛り上がりだった。

ひろゆき、亀田兄弟にディベート対決でまさかの連敗「大毅さん強かった」

 結果は大毅2票、ひろゆき1票で大毅の勝利。すると大毅は立ち上がり、「っつしゃー!!」とガッツポーズ。

ひろゆき、亀田兄弟にディベート対決でまさかの連敗「大毅さん強かった」

 判定員は「『パフォーマンスをしなかったら世界に行っていた』という経験談が説得力になった」とし、ひろゆきも「大毅さん強かったと思います」とコメントした。

 戦いを見届けていたスタジオメンバーも、「誰も予想しなかったんちゃう?」と興奮が収まらない様子だった。

マッドマックスTV
マッドマックスTV
2022年こそマジでひろゆきを論破させちゃうぞSP
The NIGHT
The NIGHT
「浅草ロック座」実際のストリップショー映像(50分30秒頃~)
小嶋陽菜、芸人考案の"デート服"に「嫌すぎて具合が悪くなってきた」