ナスD、無人島での家づくり完了!“車のような遊び心ある家”をバイきんぐ「すげぇ!」と絶賛
番組をみる »

 「ナスD大冒険TV」で放送中の「無人島サバイバル 完全攻略マニュアル」で、ナスDの無人島での家づくりが終了。その出来栄えをバイきんぐが「すげぇ!」と絶賛する場面があった。

【動画】バイきんぐも絶賛!ナスD自作の“車型の家”(20分37秒頃〜)

 同企画では、これまでの無人島チャレンジ企画の中で披露できていなかった、サバイバル知識が紹介される。そのために、わざわざナスDは、およそ4年ぶりにもう一度同じ無人島を訪れた。何かあった時に生き抜くための知恵の数々が紹介され、そのVTRをバイきんぐ(小峠英二西村瑞樹)の2人が見守る。

ナスD、無人島での家づくり完了!“車のような遊び心ある家”をバイきんぐ「すげぇ!」と絶賛

 ナスDは家(拠点)づくりを行う上で、無人島の漂流物である車輪を装飾し始めた。「車みたいな家にしてみよう」とアイデアを明かし、同じく漂流物のハンドルも家の中に装着した。

 家の中の運転席のようなスペースに座り、ナスDは「乗り物大好きなんですよ。乗り物の免許だけでも、6個持っていますからね。乗るのも大好きだし、見るのも大好きです」とうれしそうだ。

ナスD、無人島での家づくり完了!“車のような遊び心ある家”をバイきんぐ「すげぇ!」と絶賛

 こうして3日間かけて行われた無人島の家づくりは終了。車型に出来上がった家の映像を見て、スタジオのバイきんぐは「すげぇ!」と絶賛。ゲストの井上咲楽も「わーすごい」と言いながら拍手していた。

 番組スタッフから「これは車種でいうと何ですか?」と聞かれると、ナスDは「後ろで人が住めるようになっている"てんとう虫の無人島バス”ですね」と答えていた。

 しかしこの段階でナスDの無人島生活は延長に突入してから10時間が経過しがら、まだまだ終わりそうな気配がない。果たして、この先、どんな展開が待っているのかーー。
ABEMA「ナスD大冒険TV」より)

ナスD大冒険TV
ナスD大冒険TV
【第67話】無人島での保存食の作り方 そして拠点改造・・・
ナスD大冒険TV 【アベマ限定】
ナスD大冒険TV 【アベマ限定】
バイきんぐ西村、サルとキャッチボール?