「進撃の巨人」第79話 グリシャの視線の先にいたのは……!第1話の伏線回収に鳥肌ゾクッ
番組をみる »

 アニメ「『進撃の巨人』The Final Season」第79話では、エレン(CV:梶裕貴)の父親であるグリシャ・イェーガー(CV:土田大)の視点から物語を振り返った。地下室をめぐる会話の真相に、「特大爆弾伏線」と驚きの声が殺到している。

【動画】見返すと驚く「進撃の巨人」第1話の会話シーン(12分50秒ごろ〜)

 アニメ「進撃の巨人」は、単行本の世界累計発行部数1億部を突破した諫山創による大ヒット漫画が原作。アニメ第4期、そして物語の終章にあたる「『進撃の巨人』The Final Season」のPart 1は2020年12月~2021年3月に放送され、その続編であるPart 2がいよいよ放送開始した。

 前回の第78話「兄と弟」では、始祖の巨人の力を継承するエレンと、王家の血を受け継ぐジーク(CV:子安武人)の異母兄弟がついに接触した。その瞬間、エレンの頭にはさまざまな記憶が押し寄せた。次々と切り替わるカットの中には、サウナ室内らしきものや、ゴシックな装いに身を包んだミカサ(CV:石川由依)たちの姿もあった。これらは原作漫画の小ネタを元にしたカットで、遊び心あふれる演出が「これ見た瞬間涙引っ込んだ笑」「どんなに真面目なシーンでも遊び心を忘れない進撃の巨人が本当に大好きよ」「本物の作品愛が伝わってくる」と称賛を集めた。

 最新話にあたる第79話「未来の記憶」では、グリシャの目線から物語を振り返った。幼い頃、エレンはグリシャから「帰ったら、ずっと秘密にしていた地下室を見せてやろう」と言われた。そのため物語において“地下室”は大きな鍵だったのだが、実はグリシャの視線の先にいたのは幼いエレンではなかった。グリシャが見つめていたのは、進撃の巨人の能力によって記憶を共有できるようになった未来のエレンの姿だった。

 アニメの第1話を見返してみると、地下室の会話でグリシャの表情は描かれておらず、たしかに幼いエレンを見ていたわけではないことがわかる。初回から用意されていた仕掛けに視聴者は驚愕。Twitter上では、「特大爆弾伏線」「誰が『地下室を見せよう』って言ったグリシャの顔の角度気にするねん」「第1話の見方が変わる、10年目の伏線回収」「観終わってしばらく放心状態になった」と驚きの声が続出した。

第79話「未来の記憶」
【あらすじ】

弟は兄を拒み、兄は弟を見捨てなかった。救いたい思いだけ。たどり着いた果ての場所でエレンとジークはあの日の記憶とともに、父・グリシャの真実を知る。

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会

アニメ「進撃の巨人」いつからいつまで放送?The Final Season 完結編は?
アニメ「進撃の巨人」いつからいつまで放送?The Final Season 完結編は?
ABEMA TIMES
進撃の巨人 Season1~The Final Season
進撃の巨人 Season1~The Final Season
進撃の巨人 OAD
進撃の巨人 OAD
アニメ『進撃の巨人 』まとめ・最新情報一覧
アニメ『進撃の巨人 』まとめ・最新情報一覧
ABEMA TIMES

TVアニメ『進撃の巨人』公式サイト

「進撃の巨人」第78話 エレンの記憶をよく見ると…?サウナのカットに視聴者「まさか」
進撃の巨人 - The Final Season
進撃の巨人 - The Final Season
「進撃の巨人」第1話の”地下室の会話”(12分50秒ごろ〜)
「進撃の巨人」第1話の”地下室の会話”(12分50秒ごろ〜)
【前回の見どころ】第78話、エレンが見た記憶の断片(15分25秒ごろ〜)
【前回の見どころ】第78話、エレンが見た記憶の断片(15分25秒ごろ〜)