大島麻衣、冠番組ロケで失踪の過去を告白…お酒でやらかした、たった一度の大きな過ちとは?
番組をみる »

 2月9日、テレビ朝日ABEMAが共同制作する「“ネオバズ”水曜日『2分59秒』」#18が放送。タレント・大島麻衣が、冠番組のロケで犯したお酒の大失敗「冠番組のロケでまさかの失踪事件」を明かした。

【動画】大島麻衣、お酒でやらかした過ちとは?

 この番組は、「人間の集中力は3分しか持たない」という仮説のもと、制限時間2分59秒内で、各界のゲストたちがズバズバ世間に訴えかけるスピーチバラエティ。MCは千原ジュニア日向坂46佐々木久美

 今回集まったスピーカーは、過去にお酒で大失敗した経験のある面々。大島は「週8で西麻布で飲む」と自称するほどお酒好きだが、実は、大きな失敗といえるほどの失態は、過去にたった1度きりだという。

 大島のスピーチタイトルは「冠番組のロケでまさかの失踪事件」。それは大島が22歳の頃、冠番組で韓国ロケへ行った時のことだそう。

大島麻衣、冠番組ロケで失踪の過去を告白…お酒でやらかした、たった一度の大きな過ちとは?

 ロケ滞在中は毎朝早いためお酒を控えていた大島だが、最終日前日は打ち上げを兼ねて撮影スタッフと久々の会食。翌日のロケ最終日は「朝一で、ホテル近くの市場でロケできたらいいねーくらいの軽いスケジュール」だったという。

 スタッフとの会食後、大島は日本人の友達と合流し、知り合いのバーへ。ところが、仲の良い友達、知り合いのお店という居心地の良さ、そして久々のお酒……と条件が揃ったためにハメを外してしまい、なんと記憶がなくなるまでベロベロに酔っ払ってしまう。そして気づくと、時間は朝10時。大島は完全に寝落ちをしていた。

 大島は「一番大変だったのはスタッフ」と反省。大島が集合時間に来ず、仕事用携帯もつながらず、大島のマネージャーがホテルの部屋に行っても不在。マネージャーは「誘拐されたかもしれない」と心配し、警察に捜索願を出そうとしていた。

 猛省した大島は、そこからお酒との付き合い方で自分なりの答えを導いた。「どんなに酔っ払っても家に帰る」「飲んでも寝ない」「携帯の充電をする」「遅刻しない」とルールを決め、それ以来、お酒の大失敗はゼロに。

 「寝落ちは厳禁。お酒は飲んでも飲まれるな」と訴え、「大好きなお酒と向き合っていくからには、上手に付き合っていかないと、と肝に銘じました」とスピーチを締めていた。

大島麻衣、お酒でやらかした過ちとは?
大島麻衣、お酒でやらかした過ちとは?
「激ヤバイベントやん!」ホントの港区女子が集まる「バースディ」の実態
「激ヤバイベントやん!」ホントの港区女子が集まる「バースディ」の実態
カメラの前でも全裸でウロチョロ…井上咲楽、定点カメラを回される生活での失態を告白
カメラの前でも全裸でウロチョロ…井上咲楽、定点カメラを回される生活での失態を告白
ABEMA TIMES
カメラの前でも全裸でウロチョロ…井上咲楽、定点カメラを回される生活での失態を告白