「俺の『バツイチ』以来やな」…明石家さんま、「離婚約」のワードを生み出した芸人に親近感
番組をみる »

 「離婚約」という言葉を考案した芸人が、「バツイチ」を広めたさんまに親近感を持たれたていたことがわかった。

【動画】「俺の『バツイチ』以来やな」…明石家さんま、「離婚約」のワードを評価

 3月9日、テレビ朝日ABEMAが共同制作する「“ネオバズ”水曜日『2分59秒』」#22が放送。将来離婚する約束を「離婚約」と名付けて話題になったインスタントジョンソン・じゃいが、明石家さんまから「俺の『バツイチ』以来やな」と声をかけられたエピソードを明かした。

 この番組は、「人間の集中力は3分しか持たない」という仮説のもと、制限時間2分59秒内で、各界のゲストたちがズバズバ世間に訴えかけるスピーチバラエティ。MCは千原ジュニア日向坂46佐々木久美

 じゃいは家事・育児を全くしなかったせいで、妻から「4年後に離婚して」と告げられたそう。じゃいは離婚の約束を意味する「離婚約」という言葉を考案し、家族のやりとりをブログに掲載。すると「離婚約」はテレビに出演したり書籍を出版したりするほど話題になった。4年間の冷却期間中、じゃいは家事・育児に取り組んで信用回復に努め、結果的に長男の家族愛のおかげで離婚を回避できたと語った。

 この新語を作ったじゃいに、さんまは、「俺の『バツイチ』以来やな」と親近感。離婚エピソードをまとめた本『離婚約』の帯にコメントを寄せてくれたという。

 その昔、「バツイチ」という言葉が広く世間に浸透したのは、さんまが離婚会見で額に小さく「×」を描き「バツイチですわ」とコメントしたから。「離婚約」も「バツイチ」同様、一般用語レベルまで広まる日が来るかもしれない?

「俺の『バツイチ』以来やな」…明石家さんま、「離婚約」のワードを評価
「俺の『バツイチ』以来やな」…明石家さんま、「離婚約」のワードを評価
「激ヤバイベントやん!」ホントの港区女子が集まる「バースディ」の実態
「激ヤバイベントやん!」ホントの港区女子が集まる「バースディ」の実態
カメラの前でも全裸でウロチョロ…井上咲楽、定点カメラを回される生活での失態を告白
カメラの前でも全裸でウロチョロ…井上咲楽、定点カメラを回される生活での失態を告白
ABEMA TIMES
カメラの前でも全裸でウロチョロ…井上咲楽、定点カメラを回される生活での失態を告白