青木真也、衝撃TKO負けに号泣「ごめんなさい…器が足りなかった。那須川天心や武尊にはなれなかった」
【視聴する】秋山成勲、青木真也を衝撃TKO! »

 26日に開催された、ONE Championshipの10周年記念大会『ONE X』(シンガポール・インドアスタジアム)。因縁の対決とされた青木真也vs秋山成勲のライト級マッチは、秋山が2ラウンド、青木真也を衝撃TKOで下した。

【視聴する】秋山成勲、青木真也を衝撃TKO!

 1ラウンド、青木は組みつくことに成功。シングルレッグのタックルからスタンドどバックを奪い、しっかり4の字フックをしてチョークを狙う。ディフェンスする秋山に青木はパンチ、ヒジ。1ラウンドは青木優位となった。

 だが2ラウンド、秋山はタックルを切り、パンチで圧力をかける。金網に押し込むと右ストレート、さらに組んでのアッパーを連打。動きが止まった青木は座り込む形に。そこにヒザ、そしてノンストップのパンチ連打。レフェリーが試合を止めたタイムは2ラウンド1分50秒。大逆転、大爆発の秋山勝利だった。

 試合終了直後、青木は唖然とした表情で控室に引き上げたが、腰を下ろすなり「ごめんなさい」と一言。さらに「器が、器が足りなかったよ俺の。いつもさぁ、那須川天心にも武尊にもなれないんだよ。最後いつもそうだよ。最後はいつもそうなんだよ。クォ!」とあふれる感情を抑えきれなかった。

 一方、青木に快勝した秋山は――

「途中で負けそうになりましたけど、みんなが“セクシーヤマ”と(声援で)言ってくれたので力が出ました。2ラウンドが始まる時、青木選手の顔を見たら一瞬、目が引いたので。ここでいかなきゃ負けると思っていきました」

 そして今後については「もっとセクシーな試合をします」。最後は“秋山劇場”と言ってよかった。控室に戻ると「これからが始まり」とも。46歳にして、秋山は怪物ぶりを見せつけた格好だ。

【視聴する】秋山成勲、青木真也を衝撃TKO!
【視聴する】秋山成勲、青木真也を衝撃TKO!
秋山成勲、青木真也に衝撃TKO勝利で雄たけび! リングに仰向けになり喜びを爆発
秋山成勲、青木真也に衝撃TKO勝利で雄たけび! リングに仰向けになり喜びを爆発