春アニメ「パリピ孔明」ED主題歌は「気分上々↑↑」!パリピなカバーに視聴者「テンション上がりまくり」
番組をみる »

 新アニメ「パリピ孔明」が、4月5日に放送開始した(順次放送中)。第1話で披露された意外なエンディングテーマが「控えめに言って最高」と話題を呼んでいる。

【動画】ED主題歌が「気分上々↑↑」の「パリピ孔明」第1話

 「パリピ孔明」は、「週刊ヤングマガジン」(講談社)にて連載中の同名漫画(原作:四葉夕卜氏/漫画:小川亮氏)が原作。現代日本に転生した天才軍師・諸葛孔明(CV:置鮎龍太郎)が、シンガーソングライター・月見英子(CV:本渡/歌唱:96猫)の夢を叶えるため、英子の軍師として音楽シーンに革新を巻き起こしていく。

 第1話「孔明、渋谷に降り立つ」では、EIKO starring 96猫と諸葛孔明が歌うエンディングテーマ「気分上々↑↑」(5月25日リリース予定)が公開された。「気分上々↑↑」といえば、2006年に発売された、音楽ユニット・mihimaru GTの大ヒットシングルだ。まさに“パリピ”なカバーソングに、Twitter上には「懐かしすぎる!」「テンション上がりまくり」「控えめに言って最高」「入り方が神」「天才か」「フルで聴きたくなった」など興奮の声が続々と寄せられていた。

#1「孔明、渋谷に降り立つ」
【あらすじ】

五丈原で星になった天才軍師・諸葛孔明。
死んだはずの孔明が目を覚ますとそこはハロウィンで超アゲ↑の渋谷!
孔明はパリピに連れられていったクラブで、歌声のバイブスがエグいシンガー・月見英子と出会う。
しかし英子は自信を失って超サゲ↓状態。どうする孔明!? どうなる英子!?

(C)四葉夕卜・小川亮・講談社/「パリピ孔明」製作委員会

パリピ孔明 1話【地上波5日先行・単独最速放送】
パリピ孔明 1話【地上波5日先行・単独最速放送】
パリピ孔明 PV
パリピ孔明 PV
三国志はなぜこれまで日本人に愛されるのか 研究者「バージョンアップを繰り返した」歴史ロマンは江戸時代から人気
三国志はなぜこれまで日本人に愛されるのか 研究者「バージョンアップを繰り返した」歴史ロマンは江戸時代から人気
ABEMA TIMES
三国志はなぜこれまで日本人に愛されるのか 研究者「バージョンアップを繰り返した」歴史ロマンは江戸時代から人気